プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

台湾貿易センター東京事務所

COMPUTEX TAIPEI 2019 オンライン入場登録がスタート

2019年4月24日

台湾貿易センター(TAITRA)

COMPUTEX TAIPEI 2019 オンライン入場登録がスタート
~ 国外来場者は地下鉄フリーパス付き、空港やホテルからは無料シャトルバスを運行~

台湾貿易センター(TAITRA)は、COMPUTEX TAIPEI 2019のオンライン登録を開始しました。COMPUTEX TAIPEI 2019は、世界で最も先進的なICT、IoT、スタートアップの展示会の1つであり、完全なICTサプライチェーンとIoTエコシステムを提供します。来たる2019年5月28日から6月1日に、会場をこれまでより拡大し、より充実した展示会となって開催されます。早めのご登録をおすすめいたします。

【画像はPDF参照】

台北南港展示センター 展示ホール1
基盤から未来のトレンドまで

台北南港展示センター 展示ホール2
IoT、通信、ネットワーキング

台北世界貿易センター、展示ホール1
InnoVEX(スタートアップ&イノベーション)、Demos & eSports

台北国際会議センター
半導体、接待用特別室

より拡大された展示会会場
COMPUTEX TAIPEI 2019は、グローバル・テクノロジー・エコシステムの構築を拡大、継続するために、新しい展示ホール(台北南港展示センター、ホール2)を追加しました。出展社数1,602社、出展ブース数5,015で実施しており、この新しいホールは1,000ブース以上の出展面積に対応しています。各展示内容は次のとおりです。

【1階】モバイルデバイスアクセサリー、コンピューター周辺機器&アクセサリー、通信&ネットワーキング
【4階】SmarTEX(最新IoTアプリケーション向け)、サイバーセキュリティ&ビデオ監視、タッチアプリケーション&ディスプレイ製品、スマートリテール&ビジネスソリューション、国別パビリオン

来場者向け無料サービス
・国外バイヤーバッチは、台北地下鉄に乗り放題の「悠遊カード(EasyCard)」付き(5月28日~6月1日有効)
・会場内Wi-Fi
・空港サービス:シャトルバス、国外バイヤーバッチの受け取り
・会場と主要ホテル間の送迎シャトルバス
・展示会ガイドブック
・COMPUTEX公式アプリ
・COMPUTEXラウンジ/プレミアムラウンジ
・ツーリストインフォメーションサービス

より優れた展示会
急成長する世界のスタートアップ企業に対応するために、InnoVEXの場所はより多くのブース出展面積を備える台北世界貿易センター展示ホール1に変更されました。展示ホール1ではDemo & eSportsアクティビティの展示も行われ、来場者はICTの驚くべき世界を散策しながら、スマートホーム、スマート交通システム、その他日常生活に関連した最新のテクノロジーに直接触れることができます。
クラウドとIoTの時代を迎えた今、サイバーセキュリティの重要性はこれまでになく高まっています。COMPUTEX TAIPEI 2019では、サイバーセキュリティ関連企業にスポットを当て、グローバル・テクノロジー・エコシステムへの参加を呼びかけました。今回も、上質かつ多様な出展者が各社の最先端製品とソリューションを整った会場で紹介し、世界中からICTの専門家とバイヤーが集まります。
ビジネス機会を創出する場、パートナーシップを確立する場となるこのテクノロジー展示会にぜひ登録してください。
COMPUTEXの詳細については、公式Webサイトhttp://www.computextaipei.jp/をご覧ください。

■詳しい情報
 ・COMPUTEX2019日本語サイトはこちら
 ・COMPUTEX2019参加申し込みはこちら
 ・会場詳細と出展社情報はこちら

■COMPUTEXについて
1981年以来、30年以上にわたりICT産業の成長と共に、業界の変動そして成長を続け、アジア最大の見本市へと成長を遂げることができました。世界のICT産業サプライチェーンを完備し、世界のテクノロジーエコシステムを創るという目標のもと垣根を超えたビジネスアライアンスの構築を目指しております。

■台湾貿易センター(TAITRA =Taiwan External Trade Development Council)について
台湾貿易センターは、1973年に東京で日本事務所設立以来、台日間の貿易促進、パートナーシップの強化を目指し、年間20以上の日本市場開拓ミッションを招いているほか、数多くの見本市へ出展し、日本、台湾間の貿易の振興を図っております。また台湾企業の国際競争力の強化と世界市場への進出を手助けし、同時に外国企業に対しても台湾での市場拡大をサポートしています。このような活動を通して、台湾製品をより多くの皆様に知っていただけるよう、日々たゆまぬ努力を続けています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ