プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ライオン株式会社

ライオンちゃん&小堺一機さんの名物コンビが約3年ぶりに電撃復活!スペシャルWEBムービー 本日から公開!

2019年4月24日

トップ クリアリキッド抗菌キャンペーン事務局

話題のご当地キャラたち、人気のマスコットたちが次々とゾンビ化!?
世の中にはびこるゾンビ臭※から衣類布類を救うため
ライオンちゃん&小堺一機さんの名物コンビが約3年ぶりに電撃復活!
スペシャルWEBムービー
<HAVE A NICE DAY〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜篇>
2019年4月24日(水)から公開!
公開を記念して、「当たり目フォロー&リツイートキャンペーン」スタート!
動画URL: https://youtu.be/Z9hS8fUfmcM
※ライオンでは、洗濯しても再び蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」の3つの洗濯物のニオイを「ゾンビ臭」と呼んでいます

 ライオン株式会社(以下ライオン)は、洗濯しても蘇る嫌なニオイ“ゾンビ臭“※を解消すべく洗濯用液体洗剤「トップ クリアリキッド抗菌」を、2019年4月24日(水)より全国で発売いたします。それにともない、同商品のスペシャルWEBムービーとして、当社マスコットキャラクターの「ライオンちゃん」を主人公に起用した<HAVE A NICE DAY 〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜篇>を、4月24日(水)より特設サイト、ライオン公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。
 ゾンビ臭に侵された架空の世界を舞台に、ライオンちゃんをはじめ、にゃんごすたー、せんとくん、つば九郎、バリィさん、カパル、犬一といったお馴染みのマスコットキャラクターと人類が、清潔と平和を取り戻す壮絶な戦いに挑むシーンを描いた本ムービーでは、タレントの小堺一機さんが友情出演で登場。お昼のトーク番組で長年コンビを組んだライオンちゃんと約3年ぶりの共演で、大作映画を彷彿とさせる壮大なスケールの映像と、手に汗握るスリリングなストーリー展開に花を添えます。
※「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」という、洗濯しても蘇る三大ニオイ悩みを総称した造語

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O2-s2b8qIOI

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O3-DU3j497R

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O4-DzF3FWlf
当たり目フォロー&リツイートキャンペーン開始!
「トップクリアリキッド抗菌」を含む「ゾンビ臭 救済ギフトセット」プレゼント
 スペシャルWEBムービーの公開を記念して、「トップ クリアリキッド抗菌」の公式Twitterアカウントをフォローし、スペシャルWEBムービー付きの該当投稿をリツイートすると、新発売の「トップ クリアリキッド抗菌」を含む「ゾンビ臭 救済ギフトセット」が、抽選で100名様に当たる「当たり目フォロー&リツイートキャンペーン」を、4月24日(水)から5月23日(木)まで実施いたします。

ライオン スペシャルWEBムービー
<HAVE A NICE DAY 〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜篇> 概要
▼スペシャルWEBムービー<HAVE A NICE DAY 〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜篇> ストーリー
洗っても洗っても蘇ってくる「部屋干し臭」や「干し忘れ臭」、「戻り生乾き臭」のニオイ。
その3大ニオイ悩みを総称した「ゾンビ臭」と呼ばれる悪臭の恐怖に、人類と布類(マスコット)はさらされていた。
強烈な臭気に怯える人類、そして布類。
真っ先にゾンビ臭の標的となったのが、せんとくん、つば九郎、バリィさんら全国の有名マスコットキャラクターたちだった。
迫りくるゾンビ臭から、我先にと押し合いへし合いしながら、必死で逃げる人類とマスコットたち。
転倒した女性が、ゾンビ臭に捕まりそうになった次の瞬間、どこからともなく飛んできた紫色の光線がゾンビ臭を撃退する。
間一髪で窮地を救われた女性の目の前に姿を現した、謎の人物とは果たして…!?
布類の清潔と平和を脅かすゾンビ臭との闘いが、ついに幕を開ける!!
▼撮影エピソード
◇伝説の名コンビ3年ぶりの復活に、ご本人もスタッフも感激!
 今回の撮影で、約3年ぶりの再会を果たした小堺さんとライオンちゃん。最初はお互い照れくさそうに頭を下げて、挨拶を交わしましたが、顔を上げて見つめ合った途端、気持ちを抑え切れないといった感じで、どちらからともなく歩み寄って、ガシッと熱い抱擁を交わしました。ライオンちゃんの顔をまじまじと見つめて、「あれ、ちょっと男前になった?」と茶化しながら、なんとも懐かしそうな表情の小堺さん。お昼のトーク番組でお馴染みだった伝説のコンビ復活に、周りのスタッフも大いに盛り上がりました。

◇撮影の意気込みをスケッチブックに書き込む「カパル」と「つば九郎」
 撮影に当たり、スタッフから手渡されたスケッチブックに、「カットされないように頑張る!」と意気込みを書いたカパル。すると、今度は、キレキレの筆談トークで、野球ファンを魅了(?)しているつば九郎が、スケッチブックを受け取り、「最近野球よりもこういうオファーが増えている」「CMタレントとの二刀流を目指す!」というユニークな書き込みで、現場の笑いを誘っていました。

◇懐かしいサイコロを前にして、久々にあのセリフが飛び出す小堺さん
 ライオンちゃんに襲いかかるゾンビ化したカパルを、小堺さんが間一髪撃退するシーンで使われたサイコロ。思い出の品をひと目見た瞬間、「懐かしい~」と手に取った小堺さんから、さっそく「出ました、今日の当たり目!」というお馴染みのセリフが飛び出しました。小堺さんによると、このサイコロは「角の丸みが特徴的で、作るのがとても難しい特注品」らしく、とても高価な代物なのだとか。また、休憩中、得意のモノマネを披露したり、ライオンちゃんとの番組秘話を明かしたり、ロケ地の近所を通る電車にマスコットたちと一緒に手を振ったりしていた小堺さん。そんな明るいキャラクターと旺盛なサービス精神のお陰で、現場は終始和気あいあいとした雰囲気に包まれていました。

◇小堺さんとマスコットキャラクターたちの微笑ましい交流
 小堺さんとライオンちゃんをはじめとするマスコットキャラクターが全員集合するラストカット。ここでは、セッティングの合間に、小堺さんに自ら歩み寄り、握手や記念写真を求めるなどして、交流を深めるマスコットたちの姿がありました。一方、そんなマスコットたちの休憩中の姿を、こっそり観察していた小堺さん。中でも椅子に腰掛けている時の姿がお気に入りらしく、常に背筋をピンと伸ばして座っているせんとくんを見て、「いつもシャンとしてるね」と感心していました。さらに、その横に目を移すと、今度はベロを出して、やや猫背の体勢で休んでいる犬一が。思わず吹き出してしまった小堺さんは、『愛嬌あるねぇ」と笑いながら、あまりにもチャーミングな姿にすっかり目を奪われていました。

▼スペシャルWEBムービーの見どころ
◇ライオンちゃんを助けるために苦手な高所を克服する小堺さん
 実は高いところが少々苦手な小堺さん。建物の3階の高さにあるベランダから身を乗り出し、「詰め替え用プレゼント~!」と叫ぶシーンの本番前、スタッフに「けっこう高さあるね」「前のめりになるポーズは結構こわいかも」と不安を漏らす場面がありました。それでも、ライオンちゃんのピンチを救いたいと覚悟を決めると、「セリフを言う時、一緒に何かジェスチャーも入れてください」という監督のリクエストにもノリノリで対応。見事OKテイクを獲得すると、現場のあちこちから湧き上がった歓声と拍手に、笑顔で応えていました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O6-ezEux8MR

◇久々の共演とは思えない絶妙のコンビプレー
 小堺さんが、ライオンちゃんの背負うボトルに詰め替え用の「トップ クリアリキッド抗菌」をセットし、2人で呼吸を合わせてゾンビ集団に立ち向かうシーン。 「お洗濯の敵、ゾンビ臭よ、GOKIGENYOー(ごきげんよー)!」と紫の光線を発射するカットをはじめ、お互いのアクションのタイミングを揃える共同作業がたくさんありましたが、久々の共演を感じさせない、息ぴったりのパフォーマンスを連発し、現場を沸かせていました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O7-GkEMx2lV

◇ゾンビ化した小堺さん迫真の演技に視線釘付け!
 ゾンビになりかけた小堺さんが、ライオンちゃんの放つ「トップクリアリキッド抗菌」の紫の光線で倒れるシーン。「僕を…撃つんだ」という熱のこもったセリフや、ゾンビ化しつつある肉体を、不自然な動作でゆっくりと前進させていく本格的なゾンビアクション、ライオンちゃんから撃たれた瞬間、大きく体をのけ反らせて、ガクガクと痙攣する姿など、バラエティー番組ではなかなか見られない、役者・小堺一機迫真の演技に、スタッフ一同すっかり釘付けとなっていました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O8-qpWptibs

◇本ムービーでしか見られない本格バトル「ライオンちゃんVS犬一」
 突然ドアから出てきた「犬一」に、ライオンちゃんが不意打ちを食らう場面。力に頼ることなく、何とか窮地を逃れようとするライオンちゃんですが、ゾンビ化したせいですっかり理性をなくした犬一の勢いは半端なく、攻撃をまともに食らって、「トップ クリアリキッド抗菌」をこぼしてしまうなど、絶体絶命のピンチを迎えてしまいます。ここは、小堺さんが助けに来るきっかけとなる重要なシーンだけに、ライオンちゃんも犬一も気合いの入った格闘シーンを展開。ともに、言葉を発しないマスコットキャラクターだけに、時々荒い息遣いだけが聞こえてくる無言のバトルは、人間や動物以上に迫力があり、独特の空気感を醸し出していました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904225678-O9-GLHa918t

▼スペシャルWEBムービー
<HAVE A NICE DAY 〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう篇〜 >
【動画: https://youtu.be/Z9hS8fUfmcM

出演者プロフィール
ライオンちゃん
ライオン株式会社のご存知「ライオンちゃん」。組織から特命を受け、ついに立ち上がった。
ゾンビ臭から衣類を救うため、伝染した者が徘徊する都市を昼夜かけめぐる。
小堺一機(こさかいかずき)
人気トークバラエティ番組「ライオンのいただきます・ライオンのごきげんよう」(1984-2016年放送)の名MCとして長年お昼の顔を勤めていた。「ごきげんよう」終了から、3年。ライオンちゃんのピンチを救えるのは、この方しかいない…!
カパル
(公財)志木市文化スポーツ振興公社の公式キャラクター。ベースの腕はプロ級。なぜか公式Twitterが過去2回凍結された。今作では、ベースをかっこよく演奏するものの、ゾンビ臭に伝染してしまう。
犬一
浅井企画所属のタレント犬。世界一の大道芸犬を目指している。自分の人気が出ないことへの腹いせか、今作ではゾンビ臭に伝染し、ライオンちゃんに立ちはだかる!?
せんとくん
奈良県で開催された平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターとして誕生。現在は奈良県の職員として活躍し、皆から愛される人気者。今作では、ゾンビ臭に追われながらも軽快な動きで逃げ続ける。
つば九郎
東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター。奔放すぎる性格ゆえ球場でもやりたい放題だが、裏では野球界を熱く盛り上げている存在。今作では、洗濯物を干す家庭的なシーンが見られる。
にゃんごすたー
一度は病気で死んだものの、りんご(ふじ)の実となって奇跡的に復活したという設定だが、ゾンビというわけではない。今では以前と同じ猫の姿に戻るべく、ドラマーとしてロックスターを目指している。
バリィさん
愛媛・今治(いまばり)のPRキャラクター。特技は“早寝・早起き・毛繕い”。
のんびり屋の性格が裏目に出たのか、洗濯物を干し忘れたためゾンビ臭に伝染してしまう。

▼スペシャルWEBムービー 概要
タイトル:トップ クリアリキッド抗菌 presents スペシャルWEBムービー
     「HAVE A NICE DAY」〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜
出演:ライオンちゃん/小堺一機/カパル/犬一/せんとくん/つば九郎/にゃんごすたー/バリィさん
公開日:2019年4月24日(水)
公開先 :特設サイト、ライオン公式YouTubeチャンネル
   ( https://www.youtube.com/user/LionOfficialMovie
動画URL: https://youtu.be/Z9hS8fUfmcM
トップ クリアリキッド抗菌ブランドサイトURL: http://top.lion.co.jp/products/clearkoukin/

▼制作スタッフ
CD:越智 一仁:電通
CW/PL:渡邊 千佳:電通
AD:井本 善之:電通
AE:藤田 宗弘:電通
PR:根本 陽平:電通パブリックリレーションズ
Pr:久塚 尚子:電通
営業:北里 竜郎:フジテレビジョン
Pr:野中 直:東北新社
AP:高橋 愛:東北新社
PM:中村 協生:東北新社
Dir:佐藤 こずえ:東北新社
Ca:安岡 洋史:フリーランス
Caチーフ:比護 富昭:フリーランス
Li:山崎 公彦:ピクト
Liチーフ:照井 純:ピクト
STY:森永 ゆか:morinaga
STY:石谷 衣:フリーランス
HM:大の木 ひで:ヒドゥン
録音:久保 琢也:フリーランス
Music:舘野 信博:Key note sharp
CG:川田 昇吾:GORAKU
オフライン編集:高橋 佳祐:ACC
カラリスト:福田 康夫:フリーランス
Mixer:間野 翼:ACC
SE:キム ヒョンジュン:ONPa
洗ったのに再び蘇る洗濯物のニオイ 恐怖の「ゾンビ臭※」とは?
※ライオンでは、洗濯しても再び蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」の3つの洗濯物のニオイを「ゾンビ臭」と呼んでいます
 ライオン株式会社(以下ライオン)は、小中学生の子どもをもつ30〜40代の働く女性600人を対象に、洗濯物のニオイに関する実態調査を行いました。その結果、ワーママたちのほぼ全員が洗ったのにクサイ洗濯物のニオイに悩み、ちゃんと洗ったにも関わらず後でニオイが発生していて、あきらめモードに陥りつつあることがわかりました。ライオンでは、洗濯しても再び蘇る「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」の3つの洗濯物のニオイを「ゾンビ臭」と呼び、その原因や対策を提案してまいります。詳細はこちらをご確認ください。( https://kyodonewsprwire.jp/release/201904225637
ワーママの9割が洗濯物の蘇るニオイを経験し、約半数が家族からも指摘
 ワーママの93.8%が洗った洗濯物から蘇るニオイを感じた経験があり、46.9%が家族からも指摘されている。
家族からの指摘に関し、ワーママの9割が「気にする」(93.4%)、「発生しないように工夫」(87.9%)している。
洗濯しても再び蘇るニオイ=「ゾンビ臭」は、取り除きにくいニオイ
 「部屋干し臭」「干し忘れ臭」「戻り生乾き臭」のゾンビ臭をかいだ経験があるワーママは97.9%とほぼ全員。
ワーママを悩ますゾンビ臭は取り除きにくさも最強!部屋干し臭86.1%、干し忘れ臭84.2%、戻り生乾き臭88.1%が取り除きにくいと回答。
切っても切れない? 洗濯物とニオイ悩み、あきらめモードも見え隠れ…
 86.1%のワーママが洗濯物のニオイ対策を実践中。しかし、半数以上が「頑張っても洗濯後の嫌なニオイは発生してしまう」(55.6%)とあきらめモード。あれこれ工夫するも悩みは尽きない。
<調査概要> 
■実施時期 2019年2月18日(月)~2019年2月21日(木)
■調査手法 インターネット調査  
■調査対象 全国の小中学生の子どもを持つ30代〜40代のフルタイムで
      働く女性600人(30代と40代それぞれ300人ずつ)
当たり目フォロー&リツイートキャンペーン
スペシャルWEBムービーの公開を記念して、「トップ クリアリキッド抗菌」の公式Twitterアカウントをフォローし、スペシャルWEBムービー付きの該当投稿をリツイートすると、抽選で100名様に、新発売の「トップ クリアリキッド抗菌」を含む「ゾンビ臭救済ギフトセット」が当たる「当たり目フォロー&リツイートキャンペーン」を、4月24日(水)から 5月23日(木)まで実施いたします。
<応募概要>
●応募期間:2019年4月24日(水)11時00分~ 2019年5月23日(木)23時59分
●賞品内容:ゾンビ臭救済ギフトセット(ライオン製品セット)
●当選者数:抽選で100名様
●応募方法:
①「トップ クリアリキッド抗菌」公式Twitterアカウント「@clear_liquid」をフォローしてください。
②該当のTwitter投稿を応募期間内にリツイートしてください。
③上記で応募は完了となります。
●応募条件:
Twitterアカウントをお持ちであること。
「トップ クリアリキッド抗菌」公式Twitterアカウント「@clear_liquid」をフォローしていること.
該当のTwitter投稿をツイートしていること.
●当選発表:
上記の応募条件を満たした方の中から応募期間終了後、事務局にて抽選。
当選された方にTwitterのダイレクトメッセージにて当選通知と当選者専用URLを送付。
当選者フォームから配送に必要な情報をご登録いただきます。
●お問合せ:「トップ クリアリキッド抗菌」キャンペーン事務局 info@clear_liquid-cp.com

「HAVE A NICE DAY」〜ゾンビ臭よ、ごきげんよう〜_キービジュアル

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ