プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社エヌ・エヌ・エー

中国EV産業2019 ~主要・新興メーカーのCASE戦略

2019年4月19日

株式会社エヌ・エヌ・エー

本格普及に向けた各社の市場戦略を分析

共同通信グループでアジアの経済・ビジネス情報を配信する株式会社エヌ・エヌ・エー(本社:東京都港区、代表:岩瀬彰、以下:NNA)は、中国の自動車メーカー各社を調査し、2019年も2桁成長が予測される中国EV市場における各社の戦略を分析しました。

主なポイントは下記の通りです。

■2018年のEV市場は大きく飛躍 
2018年の完成車販売台数は前年比2.8%減少と28年ぶりに前年割れとなり、大きな話題となった。これとは対照的にEV販売台数は、2012年以来6年連続で対前年比増を達成し、2018年は同61.6%増と大幅に増加した。
2019年も伸び率では前年を下回るものの、同27.4%増と、依然として高水準が見込まれている。2019年のEV販売台数は160万台に達するとNNAは予測している。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904165487-O1-E34q545f

■主要・新興メーカーのCASE戦略 
今後の自動車産業の方向性を決めるとされる、主要・新興メーカーのCASE戦略 ~ C(コネクテッド)、A(自動運転)、S(シェアリング)、E(電動化)~について、各メーカーの取り組みの最新状況を調査しました。
各社の計画によると、自動運転技術ではほとんどの企業が2030年までにレベル5(完全自動運転)を実現させるべく開発を進めています。

■新興メーカーの量産車が次々とリリース 
新興メーカーでは計画だけが独り歩きし、一部では「PPT(パワーポイント)造車」(PPT上で車の生産計画を高々と謳い投資を募るが、実際の製造はまったくしない企業)と揶揄されてきた新興メーカーも、2018年にはその多くが量産車をリリースしました。今回調査対象の新興メーカー11社のうち6社が既に販売を開始しています。

本レポートではCASE戦略はもとより、量産車の仕様、生産拠点、融資の状況、販売戦略、生産戦略などの事項についても言及し、各メーカーの実態を深く掘り下げています。

◇調査対象企業◇
EV主要メーカー 14社
EV新興メーカー 11社
資料編:EV主要部品メーカー 31社

◇調査期間◇
2018年4月 ~ 2019年1月
◇販売価格
日本国内での販売価格は10万円(税抜き)。NNAの有料サービスの契約企業であれば8万円(税抜き)でお求めいただけます。形式はA4判の書籍で、日本国内であれば送料は無料です。

詳細は下記をご覧ください。

・資 料 名 : 中国EV産業2019 ~主要・新興メーカーのCASE戦略
       EV主要部品メーカー一覧付
・価 格 : 一般 100,000円+税
     NNA有料サービスご契約企業様特別価格 80,000円+税
     ※ 発送先が海外の場合は別途送料を頂戴します
     ※ 日本国内価格
・体 裁 : A4判 /218ページ
・発 行 : 株式会社エヌ・エヌ・エー
・企 画 ・ 調 査 : グローバルリサーチグループ

中国の自動車販売台数の推移
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ