プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

建築を学ぶ日本・フランスの学生が金沢の新たな文化資源を発見し提案するワークショップ成果発表会を開催

2019年4月17日

金沢工業大学

建築を学ぶ姉妹都市ナンシー市の学生たちが金沢の文化資源を発見し提案
国際ワークショップ「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」
成果発表会・講評会を開催します
開催日 4月19日(金) 14時~18時
会場 金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(金沢市片町2丁目5番17号)

国際ワークショップ「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」の成果発表会・講評会を、4月19日(金)14時から18時まで、金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(金沢市片町2丁目5番17号)で開催します。
「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」は、建築を学ぶ日本・フランスの学生らが、金沢の新たな文化資源を発見し提案するワークショップで、4月12日(金)~4月19日(金)の期間をかけて行われます。学生と教員は金沢の野町・寺町エリアを街歩きし、市民との対話を繰り返しながら金沢の豊かな文化資源を発見。それらをもとに建築プロジェクトの提案をまとめ、最終日の成果発表会・講評会で発表します。

ワークショップには、下記の3校の学生36名と教員4名が参加します。
・ナンシー国立高等建築学校(学生11名、Anne Scheou准教授)
・東京理科大学(学生16名、理工学部建築学科 山名善之教授)
・金沢工業大学(学生9名、建築学部建築学科 竹内申一教授、戸田穣准教授)

11のグループによって提案されるプロジェクトは、「間」「奥」「町屋」「坪庭」「境内」「柱」等のコンセプトによって様々な金沢の諸相が切り取られ、「日本の美の再発見」として提案されます。
金沢市の姉妹都市・ナンシー市で建築を学ぶ学生たちは、日本の学生との交流を通し、どのような金沢の文化資源を発見し、プロジェクトとして提案するのでしょうか。ご期待ください。

まち歩き2
まち歩き1
作業風景
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ