プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を提供開始

2019年4月16日

NTTドコモ

NTTドコモは、「my daiz」にも使われている対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を、2019年4月18日より法人のお客さま向けに提供開始いたします。

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「my daizTM」にも使われている対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPITM」※(以下、本サービス)を、2019年4月18日(木)より法人のお客さま向けに提供開始いたします。

 本サービスは、目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿った一問一答やユーザーとの自然な対話が可能となります。ユーザーからの問合せに対し、自動応答させるFAQチャットボット※としてのご利用が可能で、コールセンターや社内外の問合せ応対時間短縮の効果が期待できます。

 また、本サービスで作成された対話型オリジナルエージェント※(キャラクター)は、音声認識・音声合成機能を有しており、ユーザーと音声での対話が可能となります。エージェントが発する声色は50種類以上から選ぶことが可能です。

 さらに、本サービスは、Web UIや「LINE※」、ドコモビジネスプラスで提供している「WowTalk(ワウトーク)※」等のチャットサービスに対応しており、合わせて導入することでチャットサービスをスムーズに構築することが可能となります。また、さまざまな外部サービスと連携できる機能を活用すれば、サービス拡張も可能です。

 ドコモは本サービスの提供を通じて、ドコモおよびパートナー企業、自治体の多様なサービスをより身近にし、お客さま一人一人のお得、満足、安心を提供してまいります。

※「my daiz」「ドコモAIエージェントAPI」は、株式会社NTTドコモの商標です。
※「API」は、Application Programming Interfaceの略です。
※「ドコモAIエージェントAPI」は、NTTグループのAI「corevo®」の一部である対話サービスとなります。
(「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。( http://www.ntt.co.jp/corevo/))
※「チャットボット」は、「チャット」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、自動応答のサービスやプログラムのことです。
※「エージェント」は、対話のやり取りを行えるボットの集合体です。
※「WowTalk」は、ワウテック株式会社が提供する、セキュアな環境下で社員同士が円滑に連絡を取り合える、ビジネスチャット・社内SNSサービスです。
※「LINE」は、LINE株式会社が提供する、LINE株式会社が提供する、コミュニケーションツールです。

別紙
本サービスの概要

1.サービス概要
・シナリオを作成することで、簡単な一問一答から自然な会話が実現可能な対話型AIサービス
・スマートフォン、ロボット、家電、Webブラウザなど、さまざまなUIを通した対話サービスの提供が可能
・QAリストから対話シナリオを自動生成するツールを活用し、FAQ用チャットボットとしての利用も可能

2.サービスの特長
・音声認識・音声合成機能が内包されたサービス
・50種類以上の音声合成モデルのラインナップ
・LINEやWowTalkといったチャットサービスにも対応
・外部連携サービス機能の活用によるサービス拡張が可能

【サービス導入イメージ】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155401-O1-8wX8QXHo

3.提供条件
・アプリケーションや、Webなど、お客さまのサービスに応じて提供が可能
・スマートフォン向けアプリについてはAndroid(5.0以上)、iOS(10.0以上)の対応
※その他デバイス等へは、契約後に公開するドキュメントを参考に組み込み可能

4.ご利用料金
(1)初期費用
  料金 3,000円

(2)運用費用
お客様のご利用頻度に合わせてプランを選択いただけます。
・メインエージェント(テキスト):テキストのみで対話サービスをご利用いただくプラン
・メインエージェント(音声):音声およびテキストで対話サービスをご利用いただくプラン
※課金単位は、エージェント単位となります(複数のエージェントを作成することが出来ます)。

①従量課金プラン(税抜)
対話回数が上限を超過した場合は、1回の対話につき下記単価にて課金されます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155401-O2-cCh5k4r4

②年間プラン(税抜)
年間プランをご用意しております。お支払いは、年額一括もしくは月払いを選択いただけます。
対話回数が上限を超過した場合は、別途ドコモよりお知らせいたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155401-O3-7OjO0ud1

5.提供開始日
2019年4月18日(木)

6.先行導入企業
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155401-O4-HdaXB17b

7.対象
法人名義
※個人のお客さまはご契約いただけません。

8.受付窓口
・ドコモ法人営業担当
・ドコモのホームページ 法人のお客さま(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/contact/

 

サービス導入イメージ
従量課金プラン(税抜).png
年間プラン(税抜).png
先行導入企業.png
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ