プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

gooが「ファクトリーアドバンス・ゼロ」プロジェクトを開始

2019年4月16日

NTTレゾナント株式会社

gooが「ファクトリーアドバンス・ゼロ」プロジェクトを開始
~「goo botmaker」公開に向けた壽屋との共同プロジェクト~
https://botmaker.goo.ne.jp/fad-zero/

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、プラモデルやフィギュア制作を手がける株式会社壽屋(本社:東京都立川市、代表取締役社長:清水 一行、以下壽屋)との共同プロジェクト「ファクトリーアドバンス・ゼロ」を発表します。本プロジェクトでは、本日よりユーザーの方々から研究員を募集し、研究員に選ばれたユーザーがチャットボット作成に参画することができます。
 さらに、今回の共同プロジェクトで得たデータや知見を活用して、gooは、エンドユーザー向けにAIによるチャットボット作成サービス「goo botmaker(グーボットメーカー)」の公開を目指していきます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155452-O1-B32hBkiw

1.背景
 NTTレゾナントでは、世界初となる「AIによる長文回答生成」などの技術をベースとしたAI対話エンジン「gooのAI(*1)」の開発に取り組んでいます。さらに、「gooのAI」を用いた恋愛相談サービスや、旅行プラン提案サービスをgooで提供してきました。また、「gooのAI」を活用した他企業のコンテンツとのコラボレーションも展開しています。テレビ放送局や航空会社が保有するキャラクターのチャットボットを開発し、ユーザーとの新たなコミュニケーションを作り出しています。
 gooは、AIの技術ノウハウを持ったエンジニアしか今まで扱えなかったAI対話エンジンを、誰しもが簡単に利用し、チャットボットを作成できるプラットフォーム「goo botmaker」のサービスリリースを目指して開発中です。プロ、アマ問わず日本中のクリエイターやファンが、キャラクターのチャットボットを作り出せることを目指します。

2.「ファクトリーアドバンス・ゼロ」について
 「goo botmaker」のサービス公開に向けて、壽屋との共同プロジェクト「ファクトリーアドバンス・ゼロ」を本日より開始します。本プロジェクトでは、本年6月に劇場公開の人気アニメ「フレームアームズ・ガール(*2)」の世界観を再現するチャットボットを開発します。また、本日よりチャットボットの作成を体験できる研究員を募集します。
 本プロジェクトで開発されるチャットボット「轟雷ゼロ(ゴウライゼロ)」は、アニメに登場するキャラクター「轟雷」が主人公との生活から感情を学んだように、研究員とのチャットから感情を理解していきます。「轟雷ゼロ」は5月15日(水)に公開します。
 「フレームアームズ・ガール」の世界には、人工知能(AI)以上に高度な人格を有する人工自我(AS:アーティフィシャル・セルフ)という概念が存在します。アニメでは、完全自律型の小型ロボットのフレームアームズ・ガールが主人公との生活からASを成長させていく姿が描かれました。gooは、この世界観に共感し、現実の世界で体験できる「ファクトリーアドバンス・ゼロ」に取り組みます。

「goo botmaker」について:https://botmaker.goo.ne.jp/
 アニメ「フレームアームズ・ガール」について: http://fagirl.com/

3. 今後について
 「goo botmaker」は、誰しもが簡単にチャットボットを作成できるサービス提供を目指しています。そのためには、サービスの本格公開に先立ち、ユーザーの利用方法等について、あらゆる想定が不可欠となります。gooでは、キャラクターコンテンツを持つ企業との共同プロジェクトなどを通じて、利用上の制約や権利関係の整理、提供方法などの検討を進めていきます。

【補足】
(*1)「gooのAI」は、ポータルサイト「goo」を通じて蓄積したインターネットに関わる技術やノウハウと、NTTグループのAI関連技術「corevo®※」(http://www.ntt.co.jp/corevo/)を活用し、NTTレゾナントが独自に開発した技術です。ディープラーニングを活用した会話の文脈理解や、長文での回答生成が可能なため、ユーザーとの自然で多様な対話を実現します。

(*2) シリーズ累計出荷数100万個以上突破のプラモデルを原作として、2017年4月に全世界で放送・配信されたTVアニメ。フレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボットが、主人公との生活から感情を学んでいく物語。

※「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155452-O2-V5mmT1t4

※記載されているサービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

「goo botmaker」サービスイメージ
logo_corevo
「ファクトリーアドバンス・ゼロ」サービスロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ