プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ニベア花王株式会社

“エンジェル男子”岡田将生さんに胸キュン「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」WEBムービー公開

古い角質オフまでできる新製品 「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」
岡田将生さんが演じる3つの“エンジェル男子”に胸キュン!
『ステキな恋人』篇/『モノ知り同僚』篇/『いやしの兄』篇 
2019年4月12日(金)10時より公開
『ステキな恋人』篇: http://youtube.com/watch?v=ZRoi7P1gIJg
『モノ知り同僚』篇:http://youtube.com/watch?v=v_jrU4NCTTw
『いやしの兄』篇:http://youtube.com/watch?v=KJip5sBX9rA

 ニベア花王株式会社(社長・松林正人)は、4月13日(土)に新発売する「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」のイメージキャラクターに俳優の岡田将生さんを起用し、WEB動画『ステキな恋人』篇、『モノ知り同僚』篇、『いやしの兄』篇を、4月12日(金)よりブランドサイト(https://www.nivea.co.jp/campaigns/bodywash-angel-skin)で公開します。また、発売同日の4月13日(土)からTV-CM『みんな天使のやわ肌』篇もオンエアします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904115322-O1-cmNGZOmD

■「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」のコミュニケーションについて
 新製品の「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」は、洗うだけで古い角質をオフ&保湿し、肌つるんとうるおうボディウォッシュです。肌のざらつき要因となる、古い角質や毛穴の汚れをつるんとオフ。ヨーグルト美容成分*配合の軽やかなホイップ泡が、肌にうるおいをあたえます。ざらつきが気になる肌も、洗うだけでつるんとなめらかな「天使のやわ肌」へと導きます。

*ヨーグルトエキス・グリセリン(保湿)

 この度、「全ての女性の、肌と気分のざらつきを洗い流す」というコンセプトのもと、TVCMを中心とする新しいコミュニケーションを展開。イメージキャラクターに、俳優の岡田将生さんを起用しました。王子様のような甘いマスクと清潔感のあるルックスに加えて、現在放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)では、ヒロインの兄役として抜擢されるなど、確かな演技力も兼ね備える若手実力派の岡田さん。美容への関心が高い多くの女性に「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」の魅力を知ってもらうため、同商品の顔として最もふさわしいことから、今回の起用に至りました。

■WEB動画について
 近年は社会派ミステリーやヒューマンドラマ、コメディーなど、さまざまなジャンルの作品で活躍している岡田さんですが、今回は、恋人をいつも気にかけてくれる、優しい彼氏役を演じる『ステキな恋人』篇、何でも話せる友達のように、なぜか女子にまじってもしっくりする同僚男子役の『モノ知り同僚』篇、妹とのやりとりにほのぼのするお兄ちゃん役の『いやしの兄』篇という、三者三様の役どころを演じ分けました。3タイトルを通じて、肌と気分のざらつきを洗い流し、「天使のやわ肌」へと導く「エンジェルスキン ボディウォッシュ」の魅力を訴求していきます。

 一番の注目ポイントは、臨場感たっぷりのカメラワークで捉えた、岡田さんの胸キュンシーンの数々です。女心をくすぐる仕草やフレーズ、表情で、岡田さんの恋人や同僚、妹の気分が楽しめる3つのエンジェルストーリーにご注目ください。

■WEB動画ストーリー
「ステキな恋人」篇
 岡田さんの部屋を訪ねた恋人の女性。見るからに疲れ切った気分の彼女を迎え入れると、岡田さんは「大丈夫だよ。全部洗い流しちゃえばいいよ」と優しく頭をポンポン撫でながら、「新しいボディウォッシュも買っといたよ」と伝えます。「エンジェルスキン ボディウォッシュ」で体を洗いながら、「いい香り」とご満悦の彼女ですが、部屋で「それだけじゃないんだよね~」と意味深につぶやく岡田さん。すると、お風呂上がり、自分の肌に触れた彼女が、古い角質オフまでできる「エンジェルスキン ボディウォッシュ」の効果を、早くも実感しています。肌と気分のざらつきを洗い流した彼女に、「おっ、天使!」と笑顔を向ける岡田さん。最後は甘い表情で「キレイだよ…」と呼びかけます。

「モノ知り同僚」篇
 社内の食事スペースで、岡田さんと同僚の女性たちがお弁当を持ち寄ってランチタイムを過ごしています。プレゼンをやり直すことになったと落胆する同僚の言葉を受けて、肌も気分もカサつくことばかりと嘆く女性陣。そこで、同僚の一人に、肌がカサついていないことを指摘された岡田さんが、オススメの「エンジェルスキン ボディウォッシュ」で体を洗うと、つるんなやわ肌になる仕組みを、分かりやすく解説します。その話を聞いて、女性陣はさっそく「使ってみたい」「帰りに買おう」と盛り上がります。翌日、すっかり肌のうるおいを取り戻した同僚の女性。前日に失敗したプレゼンを見事に挽回する同僚の姿を見て、岡田さんは「やったね」と嬉しそうに微笑んでいます。

「いやしの兄」篇
 自宅でお風呂上がり、「早く入れ~」と妹に声をかける岡田さん。テーブルに突っ伏したまま、グッタリしている妹を見て、いつも周りに気を遣いすぎる妹を思いやりつつ、新しく買ってきた「エンジェルスキン ボディウォッシュ」を渡して、浴室へと促します。お風呂上がり、きれいに洗い流した肌に触れ、「私史上最高の“つるん”だわ」と驚く妹。「いろいろさっぱりしたー」と部屋に戻ると、岡田さんがテーブルで居眠りしています。その穏やかな寝顔を見ながら、妹が思わず「お兄がエンジェルか」とツッコミを入れます。

■撮影エピソード
◇女性はもちろん、男性でもドキッとするキラースマイル
 「ステキな恋人」篇では、動画をご覧になる視聴者の皆さんが彼女になったような気分になっていただくため、岡田さんにはクローズアップのカメラ目線で優しく発声していただきました。撮影中は、女性スタッフの誰もが、岡田さんの一挙手一投足をうっとりした表情で見つめていましたが、あまりにも甘い声と柔らかい笑顔には、男性の監督すら「いいね~」とため息をつく場面も。その直後、まだ岡田さんのお芝居にカットを掛けていないことに気付いた監督が、「俺が本気でドキドキしてどうするんだ!」と、照れ隠しをするかのように自分自身にツッコミを入れると、岡田さんからも笑いが起こり、現場はなんとも微笑ましい空気に包まれました。

◇アドリブで飛び出した胸キュン仕草に視線釘付け!
 アップになった岡田さんが、カメラ目線で「キレイだよ」と語りかけるシーン。テストで最初にこのセリフを発した直後、思わず「恥ずかしい」とうつむく岡田さんの姿に、現場の雰囲気もすっかり和みました。それでも、すぐに気持ちを切り替えると、本番に向けてセリフの言い方や表情を何度も練習し、演技の精度を高めていた岡田さん。ちなみに、本編に採用された腕に顎を乗せて語りかける仕草は、「手や指の動きに何か変化をつけてください」という監督の要求に応えた、岡田さんのアドリブです。

◇共演者の緊張を吹き飛ばす優しい眼差し
 休憩中は周りのスタッフ、共演者と気さくに言葉を交わし、リラックスしていた岡田さん。「いやしの兄」篇の撮影前、岡田さんと一対一で対峙するシーンということで、表情に少し固さが見られた妹役の女性も、岡田さん演じるお兄ちゃんに優しい眼差しで言葉を投げかけられると、いつの間にか肩の力が抜けて、自然と表情が柔らかくなっていました。また、「モノ知り同僚」篇では、賑やかな女性4人組と会話を弾ませ、時々照れながら“素”の笑顔を覗かせていた岡田さん。わずかな準備時間で、仲良しの同僚たちという設定にリアリティーを持たせ、和気あいあいとしたランチタイムをリードしていました。

◇監督も大絶賛の圧倒的な演技力と存在感
 岡田さんの出演シーンはいずれも、3~5テイクほどで終了し、一発OKも数多くありました。NGゼロのパーフェクトな撮影を振り返った監督は、「このセリフは言い回しが難しいかな、と思ったところも非常に上手くその役に入っていただきました」「喋り方、スピード、表情など、さまざまな要素で3つの役を演じ分けているのですが、その中でも岡田さんは間の取り方がとにかく絶妙で素晴らしかったです」とコメント。「他の役者さんに比べて言葉数も少なく、いつも優しい笑顔で淡々と役を理解し、演出側の想像を超える素晴らしい演技を毎回最初のテイクで見せつけられ、とても印象的な役者魂を感じました」と、その演技力と存在感を絶賛していました。

■TV-CMについて
 「古い角質オフまでできる新ボディウォッシュ誕生!」とCMキャラクターである岡田さんが登場し、「洗うたび、つるんとした天使のやわ肌に」と「エンジェルスキン ボディウォッシュ」の特長を紹介。最後に岡田さんが「さぁ、天使のやわ肌に。」と呼びかけます。

■岡田将生さんインタビュー
――撮影の感想をお聞かせください。
「恋人と妹と会社の同僚女性たちそれぞれに対して、いろいろなパターンで天使のやわ肌になる『エンジェルスキン ボディウォッシュ』をオススメしていくところが、すごく楽しく撮影できたので、良かったなと思います」。

――「素敵な恋人」「モノ知り同僚」「いやしの兄」と演じ分けた中で、特に印象に残った役は?
「実際に妹がいるので、兄役を演じたシーンは特に印象に残っています。今度、妹にも『エンジェルスキンボディウォッシュ』をオススメしようと思いました」。

――岡田さんが今回の動画で、一番見てほしいシーンは?
「恋人役の女性の頭をポンポンするシーンですね。そういうシチュエーションを撮るのが久々だったんですけど、監督に柔らかい現場の雰囲気を演出していただいたので、ぜひたくさんの方に見てほしいなと思います」

■商品概要
◇商品名 : ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ(全3種)

サボン&ブーケの香り               フラワー&ピーチの香り
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904115322-O3-9kS25rmC 】        
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904115322-O2-23v5PWu9

カシス&ハーブの香り
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904115322-O4-y5Wq90wD
◇容  量 : 本体480ml/詰替360ml
◇発売日 : 2019年4月13日(土)
◇価格 : メーカー希望小売価格は設定いたしません。
◇商品特長 : 
・  ざらつきが気になる肌も、洗うだけで「古い角質オフ」+「保湿」。
   肌つるんとうるおう、天使のやわ肌に。
・ ヨーグルト美容成分※1、角質クリア成分配合※2。
・ きめ細かくクリーミィな、たっぷり泡立つホイップ泡。
・ 軽やかなダブルフレグランスで3種の香りを展開。
・ コロンとしたボトルシェイプと、パステルトーンのグラデーションカラーで、お風呂に置くだけでかわいいパッケージを採用。

※1 ヨーグルト美容成分(ヨーグルトエキス・グリセリン)配合:保湿
※2 角質クリア成分(カオリン・硫酸ナトリウム・ステアリン酸PEG)配合:洗浄

■出演者プロフィール
<岡田 将生(おかだ まさき)>
 1989年8月15日生まれ、東京都出身。2006年デビュー。2009年『重力ピエロ』『ホノカアボーイ』『ハルフウェイ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』の演技で、国内映画賞の新人賞を多数受賞。その後も数々の話題作で活躍している。現在放送中の、NHK連続テレビ小説『なつぞら』にヒロインの兄役として出演。待機作に、主演舞台『ハムレット』(東京公演:2019年5月9日~)、『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』(2019年8月2日~)がある。

■WEB動画 概要
タイトル  : ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ WEB動画
                  『ステキな恋人』篇/『モノ知り同僚』篇/『いやしの兄』篇
公開日  : 2019年4月12日(金)10時
公開先  : 公式ブランドサイト(https://www.nivea.co.jp/campaigns/bodywash-angel-skin
動画URL   : 『ステキな恋人』篇: http://youtube.com/watch?v=ZRoi7P1gIJg
         『モノ知り同僚』篇:http://youtube.com/watch?v=v_jrU4NCTTw
         『いやしの兄』篇:http://youtube.com/watch?v=KJip5sBX9rA

■TV-CM 概要
タイトル  : 『みんな天使のやわ肌』篇(15秒)
オンエア日 :  2019年4月13日(土)~

WEB動画 『ステキな恋人』篇より
「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」フラワー&ピーチの香り
「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」サボン&ブーケの香り
「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」カシス&ハーブの香り

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ