プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ワイドテック

ITインフラ運用自動化製品「POLESTAR Automation」評価版を無償提供開始

2019年4月9日

株式会社ワイドテック

「POLESTAR Automation」評価版を無償提供開始
~ 優れたGUIと豊富な機能の運用自動化ツールを180日間実践的に利用可能、「Japan IT Week【春】後期」にも出展 ~

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、IT インフラ運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation(ポールスター・オートメーション)」の、長期利用可能な評価版ソフトウェアの無償提供を開始しました。
併せて、来る 5 月 8 日(水)から 10 日(金)まで東京ビッグサイト青海展示場にて開催される大型 IT 展示会「第 28 回 Japan IT Week【春】後期」にも出展します。

 POLESTAR Automation は、扱いやすいユーザーインターフェース、導入から運用開始までを短期間で実現できる 200 以上の豊富なポリシー・テンプレート、幅広い OS・ネットワーク機器を統合的に管理可能な汎用性を特徴とする、構成管理の自動化のためのソリューションで、商用ソフトウェアとしてライセンス販売、またはサブスクリプションにより提供しています。
 このたび、既にオープンソース・ソフトウェアを含む運用自動化製品を使用中、または評価中のユーザーに向け、実際に POLESTAR Automation の機能や効果を体験・実感してもらい、その有用性について広く周知を図ることを目的として、長期利用の可能な評価用ライセンスの無償ダウンロードによる提供に踏み切りました。

■ POLESTAR Automation 評価版の概要

POLESTAR Automation 評価版は、管理側サーバーとしてWindowsまたはLinuxに導入することで、管理対象側サーバー(Windows、Linux、商用UNIX)に対する構成情報の収集、自動化ジョブの開発・実行、ファイル転送によるアップデートパッチの配布、報告書の自動作成など、製品版で提供するほとんどの機能を、180日間お試しいただけるものです。

【導入先(POLESTAR Automation 管理サーバー)の動作環境】
- OS:Windows Server 2012以降、またはLinux(カーネル2.4以降)
- 最小構成:
    CPU: 4コア以上 / メモリ: 8GB以上 / ストレージ: 50GB以上 (OS領域含む)
- 推奨構成:
    CPU: 8コア以上 / メモリ: 16GB以上 / ストレージ: 100GB以上 (OS領域含む)

【管理対象サーバー(エージェント導入対象)】
Windows, Linux, AIX, SunOS(Solaris), HP-UX
※OSバージョン、CPUの種類によっては対応できない場合があります

【POLESTAR Automation 評価版 ダウンロードページ】
https://polestar.widetec.com/sales-partner/trial_dl

■ Japan IT Week【春】後期(AI・業務自動化展【春】)出展について

 新元号「令和」を迎えて初の大型IT展示会となる「Japan IT Week【春】後期」に、POLESTAR Automationを出展します。
 ブースにPOLESTAR Automationのデモ環境をご用意し、直感的なUIの操作感や豊富な機能をタッチ&トライできます。
 また、会場には技術および営業担当者が常駐し、来場者の皆様からの製品や導入に関するご質問、デモやPoC(概念実証)実施に関する相談に応じます。

【第28回 Japan IT Week【春】後期(第2回AI・業務自動化展【春】)開催概要】
会期:2019年5月8日(水)~10日(金)
会場:東京ビッグサイト 青海展示場
 (東京都江東区、りんかい線東京テレポート駅またはゆりかもめ青海駅下車)
公式サイト:https://spring.japan-it.jp/
当社ブース番号:青43-42

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904085169-O1-eZ99Pz2S

 ワイドテックでは、幅広い運用シーンと多様なニーズに対応可能な、「使いやすく、確実に効果が出る」運用自動化ソリューションの提供を目指し、引き続きPOLESTAR Automationの製品力強化を図るとともに、製品サポート体制の充実を推進して行きます。

以 上

扱いやすさで定評のあるPOLESTAR AutomationのGUI
Japan IT Week【春】後期 POLESTAR Automation ブースデザイン画
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ