プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人日本冷凍食品協会

“冷凍食品の利用状況”実態調査結果について

2019年4月8日

一般社団法人 日本冷凍食品協会

全国の25歳以上の男女1250人※に聞く
“冷凍食品の利用状況”実態調査結果について
冷凍食品を使わない人は、年々減少
購入場所は「ドラッグストア」や「コンビニエンスストア」が増加し、多様化。

 一般社団法人日本冷凍食品協会(会長 伊藤滋)は、本年2月23日から2月24日にかけて、冷凍食品の利用者を対象に、『“冷凍食品の利用状況”実態調査』を実施しました。

◎ 冷凍食品を「ほとんど又はまったく使わない」人は、年々減少。
◎  1年前より、冷凍食品を利用する頻度が「増えた」が増加。
◎  冷凍食品の魅力は、「おいしい」が増加傾向で推移。

■ スクリーニング調査(n=9,970)によると、冷凍食品を利用する頻度は、「ほとんど又はまったく使わない」(女性21.0%→19.1%→17.3%、男性23.6%→21.3%→20.2%)で、年々減少傾向。
■ 冷凍食品の利用頻度が1年前より「増えた」(女性27.5%、男性23.0%)。
  ここ3年間、増加で推移。
■ 冷凍食品の魅力は、男女とも若い層で「おいしい」が高評価で、年々増加傾向で推移。

◎ 購入場所は、若い人を中心に、「ドラッグストア」や「コンビニエンスストア」が増加。
◎ パッケージの表示で「必ず見る」のは、「調理方法」が最多。
◎ 「5割引」で購入する割合が年々減少。

■ 冷凍食品の購入場所は、「スーパーマーケット」が男女とも9割台だが、
  男女とも若い人ほど「ドラッグストア」や「コンビニエンスストア」が高い。
■ パッケージの表示で「必ず見る」は男女とも「調理方法」(女性 35.2%、男性28.3%)が最多。
■ 割引を行っている場合に購入することが多い価格は、「5割引」が男女とも年々減少。

◎ 食品ロスが“ある”は過半数(53.6%)。若い人ほど高い傾向。
◎ 1週間に1回以上、ホームフリージングをしている人は半数以上。
      一方、8割程度が失敗経験あり。

■ 家庭での食品ロスは、全体の53.6%(よくある+たまにある 男女計)が“ある”と回答。
      男女とも若い人ほど食品ロスが高い傾向。
■ 男女ともに、1週間に1回以上(「2、3日に1回程度」+「1週間に1回程度」)ホームフリージング(家庭での冷凍保存)をしている人は半数以上(女性 58.4%、男性52.0%)。ホームフリージングをしている人のうち、8割程度(女性84.0%、男性76.2%)は“失敗をしている”と回答。

※調査対象:冷凍食品を「月1回以上」利用している25歳以上の男女各625人

<調査概要>

【調査方法】 インターネット調査
【調査対象】 冷凍食品を「月1回以上」利用している25歳以上の男女各625人
【調査期間】 2019年2月23日(土)~2月24日(日) 
【標本構成】 スクリーニング調査(回答対象者を絞り込むための調査):有効回収9970人
       本調査:有効回収1250人

※詳細は以下プレスリリースをご確認ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ