プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アップルジャパン合同会社

Beats by Dr. Dre、完全ワイヤレスのハイパフォーマンス・イヤフォン「Powerbeats Pro」を発売

2019年4月4日

Apple Japan, Inc.

Beats by Dr. Dre、完全ワイヤレスのハイパフォーマンス・イヤフォン
「Powerbeats Pro」を発売

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904035054-O1-W6abA6yG
「Powerbeats Pro」
カラー:アイボリー、モス、ネイビー、ブラック
Apple Online Store価格:¥24,800(税別)
発売日:2019年5月予定
販売店:Apple Online Store、アップルストア、Beats 正規販売店

Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ 以下、Beats)は、世界中の音楽ファンとアスリートにパワフルなサウンドを届ける、革新的な新しいイヤフォンPowerbeats Proを発売します。BeatsとAppleのエンジニアリングが密接に統合して生まれた完全ワイヤレスイヤフォンPowerbeats Proは、トップクラスのバッテリー駆動時間、革新的な機能を実現し、安定した接続性と、洗練されたイヤーフックデザインによる究極のフィット性、そして比類ない音質を提供します1。

Beats by Dr. DreのプレジデントであるLuke Wood(ルーク・ウッド)は次のように述べています。
「Powerbeats Proは、上質なサウンド、フィット感、機能性を見事に兼ね備えています。Powerbeatsブランドは、既に世界的ベストセラーとして知られるフィットネスイヤフォンですが、 Powerbeats Proは完全ワイヤレスとなり、Appleが開発した新しいApple H1チップの高い性能を最大限に引き出した、全く新しい製品です。これからは、イヤフォンの機能性を妥協することなく、最高水準の体験を実現できます」

「Powerbeats Pro」について

■サウンド
Powerbeats Proの開発段階で最も重視したのはサウンドです。イヤフォンをゼロから再設計し、ドライバーユニットをさらにアップグレード、エアフローを圧縮して効率化することで小さいハウジングながらも最高の音響設計を実現しました。ディストレーションを限りなく低減し、広ダイナミックレンジとスムーズな周波数特性で音質が向上しました。

フィット性
Powerbeats Proでは、サウンドに直接影響のある快適性、フィット性、安定性の最適な組み合わせを実現しました。さまざまな形状の耳に可能な限りフィットするよう、コンピューターで20以上の形状をモデリングし、何度もテストを繰り返しました。耳孔(じこう)に快適にフィットするオフアクシス式のノズルを搭載し、人間工学に基づいた傾斜角のついた全く新しいハウジングが完成しました。フィット性をもたらすため、4つのサイズのイヤーチップに加えて、2010年の発表以来Powerbeats製品ラインを象徴する調整可能なイヤーフックもデザインを一新しました。

Powerbeats Proは前モデルよりも23%小さくなり、17%軽くなりました。また、軽量化だけでなく耐汗性と防沫(ぼうまつ)性を備え、最適なパフォーマンスを発揮できます。

■機能性
Powerbeats Proは、両方のイヤフォンに音量や音楽をコントロールできる機能を搭載しました。左右いずれかまたは両方のイヤフォンで、音楽の再生や電話での通話を操作できます。

イヤフォンを装着/脱着すると光学センサーが耳との接触を感知、自動的に音楽を再生/停止、通話を開始/終了します。

通話機能
Powerbeats Proは、通話における高度な音声性能を実現しました。同社で初めて、音声検知加速度センサーを左右それぞれのイヤフォン内に搭載。両サイドに内蔵された2つのビームフォーミングマイクロフォンが、周囲の雑音をフィルタリングして、会話を感知します。ワークアウトの途中でも、クリアな音質で確実に電話応答できます。

バッテリー持続時間
Powerbeats Proは1回の充電で左右それぞれ9時間の音楽再生が可能で、マグネット開閉式の充電ケースを使用すると24時間以上音楽が再生できます2。Fast Fuel(急速充電)機能を使用すると、わずか5分の充電で最大1時間半、15分の充電で最大4時間半の再生が可能です。

Powerbeats Proには電源ボタンはありません。付属のケースから取り出すことで電源がオンになり、ケースに戻すとオフになり、充電が始まります。未装着時には、イヤフォンが使用されていないことをモーション加速度センサーが検知し、自動的にスリープモードになります。

■接続性
Class 1のBluetooth®テクノロジーを採用し、より広範囲な通信距離と複数のデバイスとの安定した接続を実現しました。音が途切れることはほとんどありません。各イヤフォンが独立してデバイスと接続するため、片耳だけでの使用も、両耳での使用にも対応します。ジムのランニングマシーンで走るときは両方のイヤフォンを装着し、オフィスでは一日を通して電話に出ることができるよう、片方のイヤフォンだけを装着することもできます。Powerbeats Proは、日常のあらゆるシーンにフィットします。

互換性
セットアップは一瞬です。ケースを開くだけでペアリングモードになります。Powerbeats Proは、お持ちのiCloudアカウントにサインインしているすべてのサポート対象デバイスと自動的にペアリングされます3。

また、iOSおよびAndroidデバイスと互換性があります。

Apple H1チップ
Powerbeats Proは、Apple が新たに開発したH1チップを搭載しました。iPhoneを操作しなくても、「Hey Siri」と呼びかけるだけで音声アシスタント機能が起動します4。
H1チップによって、高速かつ安定したワイヤレス接続を実現しました。

■価格と販路
・Powerbeats Proは、Apple Online Store、アップルストア、Beats正規販売店にて¥24,800(税抜)で販売します。カラーは、ブラック、アイボリー、ネイビー、モスからお選びいただけます。
・Powerbeats Proは、apple.comおよび米国をはじめとしたアイルランド、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、ギリシャ、シンガポール、スウェーデン、スイス、スペイン、デンマーク、ドイツ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、プエルトリコ、ベルギー、ポルトガル、香港、マカオ、リヒテンシュタインおよびルクセンブルクの20以上の国と地域のアップルストアにて5月から取り扱いを開始します。
・その他の国での販売はこの夏/秋からとなります。

※「Powerbeats Pro」30秒動画:https://youtu.be/e8f2KwrrD6A

1 完全にワイヤレスなステレオイヤフォンとの比較です。
2 バッテリー駆動時間は用途や設定によって異なります。
3  iCloudアカウントと、macOS 10.14.4、iOS 12.2、watchOS 5.2以降のバージョンが必要です。
4 言語または地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。インターネット接続が必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。

© 2019 Apple Inc. All rights reserved. Beats、「b」ロゴは、Beats Electronics, LLCの商標です。Apple、「Apple」ロゴは、Apple Inc.の商標です。他の会社名称、製品名称は、それぞれの所有者の商標の可能性があります。

Beats by Dr. Dreについて
Beats by Dr. Dre (Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆さまにご提供できるよう努めてまいります。Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ