プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

メルクバイオファーマ株式会社

メルクバイオファーマ、コーポレート動画を4月1日より公開 「We create TIME」

2019年4月1日

メルクバイオファーマ株式会社

メルクバイオファーマ、コーポレート動画を4月1日より公開
「We create TIME」
ー 私たちが創っているのは、かけがえのない時間 ー

サイエンスとテクノロジーの企業であるメルク(Merck)の日本法人、メルクバイオファーマ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:アレキサンダー・デ・モラルト)は2019年4月1日、同日付で新社名に変更したことに合わせて、コーポレート動画「We create TIME -私たちが創っているのは、かけがえのない時間-」を公開しました。また、コーポレーサイトに特設ページ「メルクバイオファーマ株式会社へ」(https://www.merckgroup.com/jp-ja/biopharma-brand.html)を開設しました。

■コーポレート動画: 「We create TIME -私たちが創っているのは、かけがえのない時間-」
https://youtu.be/tRE86RfJ1Ts
【動画: https://youtu.be/tRE86RfJ1Ts

本動画は、One Merck 「ひとつのメルク」を標榜するグローバルのブランド戦略に沿って行われた社名変更に合わせて制作されたもので、患者さんのために全社がひとつになり、生命の誕生、QOLの向上、命をつなぐサポートに取り組んでいるメルクバイオファーマを表現したものです。動画のタイトルには、これからも日本と世界の医療の発展に貢献していくという社員の思いが込められています。同時に開設されたコーポレートサイトの特設ページでは、新社名にかける思いなど、メルクバイオファーマに関する情報を紹介しています。

メルクは1668年に創業された世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社で、約350年という長きに渡り、目の前の薬だけに向き合うのではなく、薬の先にある「人々の暮らしをより良くすること」を目指しビジネスを続けてきました。メルクバイオファーマは本動画を通じて、ひとつになった社員一人ひとりの思いを、日本の皆様にお伝えしてまいります。

■コーポレート動画
タイトル: We create TIME -私たちが創っているのは、かけがえのない時間-
公開日: 2019年4月1日
URL: https://youtu.be/tRE86RfJ1Ts

■コーポレートサイトの特設ページ 「メルクバイオファーマ株式会社へ」
公開日: 2019年4月1日
URL: https://www.merckgroup.com/jp-ja/biopharma-brand.html

メルクについて
Merck(メルク)はヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野における世界有数のサイエンスとテクノロジーの企業です。約52,000人の従業員が、人々の暮らしをより良くすることを目標に、より楽しく持続可能な生活の方法を生み出すことに力を注いでいます。ゲノム編集技術を進展させることから治療が困難を極める疾患に独自の治療法を発見すること、また各種デバイスのスマート化まで、メルクはあらゆる分野に取り組んでいます。2018年には66カ国で148億ユーロの売上高を計上しました。

メルクのテクノロジーと科学の進歩において鍵となるのは、サイエンスへのあくなき探求心と企業家精神です。それはメルクが1668年の創業以来、成長を続けてきた理由でもあります。創業家が今でも、上場企業であるメルクの株式の過半数を所有しています。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、メルクが保有しています。唯一の例外は米国とカナダで、両国では、ヘルスケア事業ではEMDセローノ、ライフサイエンス事業ではミリポアシグマ、パフォーマンスマテリアルズ事業ではEMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っています。

メルクバイオファーマ株式会社について
「メルク ヘルスケア・ビジネス」(本社:ドイツ・ダルムシュタット)における、バイオ医薬品事業部門の日本法人です。2007年10月1日にメルクセローノ株式会社として発足し、がん、腫瘍免疫および不妊治療領域を重点領域としています。
メルクバイオファーマ株式会社の詳細については
https://www.merckgroup.com/jp-ja/company/merckbiopharma.htmlをご覧ください。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ