プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人同志社 同志社大学

同志社大学ラグビー部・独立行政法人国際協力機構 JICA海外協力隊派遣に向けた連携覚書を締結!

2019年3月30日

学校法人同志社 同志社大学

同志社大学ラグビー部・独立行政法人国際協力機構 JICA海外協力隊派遣に向けた連携覚書を締結!

 同志社大学ラグビー部と独立行政法人国際協力機構(以下、JICA)はインドにおけるラグビーの発展とそれを通じた青少年の健全育成を目指し、JICA海外協力隊派遣に関する大学連携事業の覚書を締結し、3月29日同志社大学京田辺キャンパスにおいて署名式が行われました。
 署名式には、西野恭子JICA関西所長、上田雅弘同志社大学学生支援センター所長、沖田行司同志社大学体育会ラグビー部長が出席しました。覚書署名の後、西野所長は「同志社大学の知見・人材を生かし、JICAの行う海外ボランティア事業をさらに推進したい」と、また沖田部長は「今後はラグビーだけでなく、同志社大学体育会全体で国際貢献をしていきたい」と述べました。
 今回の事業は、国際主義という教育理念の下でスポーツを通じた人物養成を目指す同志社大学と「スポーツを通じた国際協力」を通じ開発途上国の社会的包摂や平和の促進に取り組むJICAとの間で、国際協力に関する大学連携の可能性について2017年9月より協議を重ねてきた成果です。インドにおけるラグビーの普及・振興並びに青少年の健全な育成と大学の国際協力分野における人材育成を図るため、本学ラグビー部員(又は卒業生)約10名が毎年約1か月間、JICAの海外協力隊として現地に派遣されることになりました。本事業は今年から4年間にわたり実施される予定です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903304892-O3-cYH85iiW
左から署名式に出席した沖田ラグビー部長、上田学生支援センター所長、西野JICA関西所長

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ