プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友理工株式会社

【住友理工】生体情報診断用機器「体動センサ」を開発

2019年3月28日

住友理工株式会社

生体情報診断用機器「体動センサ」を開発
~ゴム製の圧電センサーとして世界初の実用化、モニター販売を開始~

生体情報診断用機器「体動センサ」を開発
~ゴム製の圧電センサーとして世界初の実用化、モニター販売を開始~

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 社長:松井徹)は、心拍や呼吸など生体情報(バイタルデータ)を同時に計測できる診断用機器「体動センサ」を開発、圧電ゴム技術を応用したバイタルセンシング機器として、世界で初めて実用化しました。医療分野のほか、介護や健康、スポーツなど幅広い分野での活用が期待されます。

 一般医療機器(クラスⅠ)として2月28日に独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に届出を行い、登録が完了しました。

 体動センサは、センサデバイスと計測ユニットで構成。利用者の身体に触れる箇所に設置することで、心拍や呼吸、体動といったバイタルデータのほか、離着床を同時に計測することができます。収集したデータは計測ユニット経由でPCやスマホなどデジタル機器での管理・閲覧が可能で、遠隔でのモニタリングにも適しています。医療用途に加え、乳幼児の見守り、健康管理やアスリートのパフォーマンス向上を目指した睡眠モニタリング、ドライバー向け生体センシングなどへの応用が見込まれます。

 本製品には、ヘルスケア分野の各製品に採用する当社のコア技術「SRセンサ」技術を応用・開発した新素材(圧電ゴム)を搭載しました。従来の圧電素材にはない「ストレッチャブル性」が大きな特徴です。薄型で柔軟、伸縮性があるため、例えばベッドの上に敷くだけで生体センシングできる、人にやさしい計測機器です。

 住友理工は、この体動センサについて、4月より研究開発者向けにモニター販売を開始します。医療機関や研究開発機関、介護施設や企業などへの提供を通じて、ヘルスケア分野での新たな商品開発に繋げ、人々の暮らしへのさらなる貢献を目指してまいります。

<製品概要>
名称 体動センサ
本体価格 別途お問い合わせください
仕様 センサシートサイズ: 900㎜×120㎜
   接続可能デバイス:  PC(Windows 7/8/10)
   通信規格:      Bluetooth Low-energy / USB
アプリケーションソフト リアルタイム波形表示、CSV出力
医療機器分類 一般医療機器(クラスⅠ)
製造販売届出番号 23B2X10022000002

<仕様>
研究開発にお使いいただけるよう、センサデバイス、計測ユニット、付属アプリケーションソフトをセットで販売いたします。

<ご購入に関するお問い合わせ>
住友理工株式会社 健康介護事業室
(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)
0120-93-1910
受付時間: 9:00~17:00(土・日・祝日・GW・夏期休暇・年末年始を除く)
Email: tri-health-contact@jp.sumitomoriko.com

<技術に関するお問い合わせ>
住友理工株式会社 IoTデバイスセンター
(〒485-8550 愛知県小牧市東三丁目1番地)
0568-77-8526
受付時間: 同上
Email: 同上

住友理工が開発した「体動センサ」
ストレッチャブルイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ