プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社EPARK

EPARKとセブン&アイHDは相互送客や順番待ちシステムの導入等の各種取り組みをスタートいたします

2019年3月28日

株式会社EPARK
株式会社セブン&アイ・ホールディングス

サイトへの相互送客や店舗での順番待ちシステムの導入等、
各種取り組みをスタートいたします。

株式会社EPARKと株式会社セブン&アイ・ホールディングスは
サイトへの相互送客や店舗での順番待ちシステムの導入等、各種取り組みをスタートいたします。
 
株式会社EPARK(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:玉村 剛史、以下「EPARK」)および、そのグループ会社と、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一、以下「セブン&アイ」)およびそのグループ会社は、2019年3月1日より、セブン&アイのネットショッピングサイト「オムニ7」への相互送客や、店舗での順番待ちシステムの導入等、各種・各業態の取り組みをスタートいたします。また、将来的には包括的な事業連携の実現を目指し、検討を進めてまいります。

■各種取り組みの内容
セブン&アイはコンビニ、スーパー、百貨店、専門店等、など幅広い業態を網羅しており、一方、EPARKは、テイクアウト、人気混雑店の順番待ち受付等など、全業種横断型の予約事業を主軸としたサービスを 強みとしております。両社の特色を組み合わせることで、新たなサービスおよび、ソリューション事業の創出を目指してまいります。
取り組みの一例として、セブン&アイが運営する百貨店におきましては、ご利用者様の待ち時間削減・混雑緩和、「昼食難民」化の解消や、人気商品の予約・帰宅時受け取り等に取り組んでまいります。飲食店におきましては、食品の事前予約型のサービスを提供し、専門店におきましては、双方の親和性の高い領域で会員のロイヤリティー向上施策を展開すべく協議をしております。
なお、既にプライムツリー赤池、グランツリー武蔵小杉、都内のデニーズにEPARKサービスが導入されておりますが、更にその他のセブン&アイとEPARKとの順番待ち受付・予約、取り置き、テイクアウトなど等を活かした中長期的な連携の可能性を模索し、新たな事業創出および、両社のさらなる発展を目指します。

■セブン&アイ・グループについて
国内外において6万店以上の店舗を展開するコンビニエンスストア、総合スーパー、百貨店、食品スーパー、専門店に加え、金融サービス、IT/サービス等、あらゆるお客様のニーズに応える多様な事業を擁し、顧客サービスの向上、店舗網の拡充、商品開発力・調達力、ブランド力の強化等に日々積極的に取り組んでおります。

■EPARKおよびそのグループ会社について
国内外において順番待ち受付・時間指定予約サービスを展開しており、飲食、歯科、クリニック、薬局、リラク・エステ、整体、携帯ショップ、旅行代理店、銀行等などの幅広い施設に導入されており、30~50代のファミリー層をメインにご利用いただいております。

EPARK×セブン&アイ・ホールディングス
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ