プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

味の素AGF株式会社

《「ブレンディ®」スティック》「勝て打て!勝てオレ!」第49回日本少年野球春季全国大会を特別協賛

2019年3月28日

味の素AGF株式会社

次世代を担う子ども達を応援する保護者を支援
《「ブレンディ®」スティック》「勝て打て!勝てオレ!」
第49回日本少年野球春季全国大会を特別協賛
2019年3月26日(火)より埼玉県立大宮公園野球場、他会場にて開催

 味の素AGF株式会社(以下、AGF 代表取締役社長:品田 英明)は、2019年3月26日(火)から2019年3月30日(土)まで開催される、公益財団法人日本少年野球連盟(以下、ボーイズリーグ)※1主催の第49回日本少年野球春季全国大会を特別協賛します。当大会への特別協賛は今年で3年目となり、次世代を担う子ども達を熱心に応援する保護者を《「ブレンディ®」スティック》で支援します。なお、第1回戦において最も熱い応援を繰り広げた応援団3チームを「AGFベストスタンド賞」として表彰し、賞状、トロフィーおよび「ブレンディ®」スティック商品1年分を贈呈します。
※1 硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全な育成を図ることを目的として、1970年に創設された組織。当初は28チームの集団だったが、現在は全国41支部、小・中学生の部を合わせて726チームに発展。

 本大会初日の26日(火)に埼玉県立大宮公園野球場で行われた開会式において協賛イベントを実施しました。
 イベントでは、「勝て打て!勝てオレ!」のスローガンのもと、次世代を担う子ども達を熱心に応援する保護者を支援することを目的に、来場者に応援グッズとしてスティックバルーンやチームフラッグを提供しました。

 ボーイズリーグ各ブロックでの地区大会は年間を通じて230大会にも及びますが、保護者は選手の応援だけでなく、チームの支援活動も行っています。中でも、指導者や保護者向けの飲料の調達は、大事な支援活動の一つですが、‟大量の飲料を練習会場や試合会場へ運び込むのが重い”、‟それぞれの嗜好に合わせてコーヒー、紅茶、麦茶など多品種を揃えると事前の準備に時間や費用がかかる”、‟ポットやジャグの準備、使用後の後片付けが気になる”といった課題があります※2。
 《「ブレンディ®」スティック》は、軽量で場所をとらず、お湯を注ぐだけで手軽に本格的なコーヒーや紅茶などが作れます。加えて夏季には冷たい水にも溶けるアイスシリーズ(期間限定商品)が発売され、ラインナップが豊富です。屋外でも紙コップさえあればそれぞれが好きな飲み物を作って飲むことができるため、飲料調達における課題を解決します。
※2  AGF調べ(参考資料参照)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O1-RJK9ABx0
第49回日本少年野球春季全国大会開会式にて
公益財団法人日本少年野球連盟 中尾副会長(右)、
味の素AGF株式会社社長 品田

■商品情報
《「ブレンディ®」スティック》シリーズ
スティック1本で本格的な味わいを毎日手軽にたっぷりマグカップサイズで楽しめます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O2-t2LCgad1

【参考資料】

「練習・遠征時の飲料に関するアンケート」詳細
AGFは、2019年2月~3月にかけて、ボーイズリーグ東日本ブロックの保護者1,472人を対象に、「練習・遠征時の飲料アンケート」を実施しました。

◆指導者や保護者などの大人向け飲料は「チーム内でまとめて用意」!
飲料の用意は練習、遠征ともに「チーム内でまとめて用意」が最も多く6割以上、次いで「個人で用意」は約5割になります。

指導者や保護者など大人向けの飲み物はどのように用意していますか。練習の時、遠征の時それぞれについて当てはまるものをすべてお知らせください(MA)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O3-IdgMO901

◆時期を問わず「コーヒー」を飲みながら応援!
飲料の種類では、練習、遠征ともに夏を除き「ホットコーヒー」が、夏は「アイスコーヒー」が最も飲まれており、どの季節においてもコーヒー合計は7割を超えます。

まとめて用意する大人(指導者や保護者)の飲み物の種類はどれですか。
練習の時、遠征の時それぞれ季節ごとに、あてはまるものをすべてお知らせください(MA)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O4-sA0B6s98

◆チーム内でまとめて用意することに約2割が負担と感じている
まとめて用意することには半数が「負担を感じない」と答えましたが、約2割の保護者は負担と感じています。

大人(指導者や保護者)の飲み物をチーム内でまとめて用意することに対して、どの程度負担に感じますか(SA)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O5-mzW13m22

◆大量の飲料の用意は重く、洗い物も大変!
まとめて用意することに対する負担・不満として、およそ2割の保護者が‟大量に用意しなければならないので重い”‟ポットやジャグなどの洗い物が面倒”と感じています。

あなたが人(指導者や保護者)の飲み物をチーム内でまとめて用意することについて、負担に感じていることや不満に思っていることを次の中からすべてお知らせください。※現在はチーム内でまとめて用意していない方も、今後用意することになった場合どのように感じるか、お答えください (MA) 。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O6-VBY9Xdx8

また、指導者への用意には負担を感じないという意見が多い一方、‟大量なので重い”‟それぞれの希望に沿うものを用意するのが大変”‟洗い物が面倒”という意見も目立ちました。

あなたが人(指導者や保護者)の飲み物をチーム内でまとめて用意することについて、負担に感じていることや不満に思っていることをお書きください。※現在はチーム内でまとめて用意していない方も、今後用意することになった場合どのように感じるか、お答えください (FA) 。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O7-M9PSkz1a

◆《「ブレンディ®」スティック》は応援中にも飲用されている!
飲む場所を問わず、《「ブレンディ®」スティック》の飲用頻度は高いようです。特に応援中の飲用経験は約8割と高く、週に1本以上飲用する保護者が4割以上います。

《「ブレンディ®」スティック》の飲用頻度についてお伺いします。
あなたご自身が購入して飲用する頻度に最もあてはまるものを、それぞれひとつだけをお知らせください (SA) 。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274710-O8-xPF5Qs5y

開会式
BSTシリーズ
①グラフ
②グラフ
③表
④グラフ
⑤表
⑥表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ