プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オルツ

オルツグループ、「第3回AI・人工知能 EXPO」で「Altgo.com(オルツゴー)」をお披露目

2019年3月27日

株式会社オルツ

人工知能開発のオルツと新会社オルツテクノロジーズ、「第3回AI・人工知能 EXPO」で
人工知能プラットフォーム「Altgo.com(オルツゴー)」をお披露目

P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』※を開発する株式会社オルツ(本社:東京都千代田区、代表取締役:米倉 千貴、以下オルツ)、2019年4月3日(水)〜4月5日(金)の3日間、東京ビッグサイト(青海展示棟)で開催される「第3回AI・人工知能 EXPO」にて、オルツが新たに設立する株式会社オルツテクノロジーズ(2019年4月1日設立予定、以下オルツテクノロジーズ)が展開を予定している人工知能開発プラットフォーム「Altgo.com(オルツゴー)」を発表することをお知らせします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274724-O1-7O6087x9

【 Altgo.com(オルツゴー)の概要】
「Altgo.com(オルツゴー)」は、オルツが有する最先端の人工知能技術やテクノロジーパートナー企業が開発した技術などを活用した、AI関連ソリューションの開発プラットフォームおよびAI関連ソリューションマーケットプレイスです。

AI技術を利用したい企業や個人(ユーザー)、AI技術を提供したい開発会社(テクノロジーパートナー)、オルツグループとAIを活用したソリューションを共同開発・販売したい企業(マーケティングパートナー)にご利用いただけます。

「Altgo.com(オルツゴー)」を通じて、これまで各AI企業が個々に保有していたAI技術を一箇所に集約し手軽に利用できるようにすることによって、ワンストップで複数企業のAI技術を利用したり、マルチモーダルAIソリューションを開発、提供できるようになります。

【Altgo.comの利用について】

<AI技術の利用>
ユーザーは個人、法人にかかわらず会員登録をすることにより、「Altgo.com(オルツゴー)」上で提供される様々なAI技術や開発インターフェイス等を利用することができます。

<AI技術の提供>
AI技術を保有している先端企業は、テクノロジーパートナーとして「Altgo.com(オルツゴー)」を通じ、自社の技術を企業やコンシューマー向けに提供することができます。

<AI技術を活用したソリューションの販売>
オルツの技術と自社の技術や製品、企画を組み合わせ、マーケーティングパートナーとして共同でソリューションを開発し、クライアント企業へ提供することができます。

【第3回AI・人工知能 EXPO の出展について】
オルツグループのブースでは、「Altgo.com(オルツゴー)」上で提供されるAI技術のデモを体験することができます。また、実際のビジネスシーンで活用いただける取り組みを紹介します。

名 称:第3回AI・人工知能EXPO
開催日:2019年4月3日(水)〜5日(金)
時 間:10:00〜18:00
会 場:東京ビッグサイト(青海展示棟)
オルツグループ小間番号:15-16
公式サイト:https://content-tokyo2019.tems-system.com/eguide/jp/AI/details?id=1217
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903274724-O2-5Q3KQK13

※「P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』とは、私たち自身の意思をデジタル化し、それをクラウド上に配置してあらゆる デジタル作業をそのクローンにさせることを目的としたA.I.です。
「P.A.I.」は、株式会社オルツの登録商標です。

■ 株式会社オルツついて
https://alt.ai
本社所在地:〒101-0031東京都千代田区東神田3-1-2 ユニゾ東神田三丁目ビル 8F
代表者:代表取締役 米倉 千貴
資本金:1,992,773,500円(2019年1月31日現在、資本剰余金含む)
設立:2014年11月
事業内容:P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の開発

オルツブース小間位置(東京ビックサイト、青海展示棟)
「Altgo.com(オルツゴー)」をAIエキスポでお披露目
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ