プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダノンジャパン株式会社

ダノンオイコス タンパク質で「カラダ動かす、ジブン追い越す」野中生萌選手がブランドアンバサダーに就任

2019年3月27日

ダノンジャパン株式会社

タンパク質で、体を動かす・動かしたい人々を応援!
「カラダ動かす、ジブン追い越す。」
高タンパク質、脂肪ゼロ、100kcal未満の「ダノンオイコス」が
ブランドコミュニケーションを刷新
ブランド・アンバサダーにプロクライマー野中生萌(のなか みほう)選手が就任!
4月1日よりスポーティーな黒の新パッケージでリニューアル

ダノンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ルイス ファリア・エ・マイア)は、高タンパク質、脂肪ゼロ、100 kcal未満の水切りヨーグルト「ダノンオイコス」を4月1日(月)より、タンパク質で人々を応援するブランドとしてリニューアル発売いたします。これに伴い、「カラダ動かす、ジブン追い越す。」を新たなブランドタグラインとして採用し、プロクライマーの野中生萌選手がブランド・アンバサダーに就任いたします。スポーツを楽しむ人々をはじめ、理想の体づくりや体力増進のために良質なタンパク質を摂取したいすべての生活者を応援してまいります。

なお、ダノンオイコスの新パッケージは、4月初旬より順次切り替わっての発売となります。(原材料・栄養成分・内容量に変更はありません)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254623-O1-iQhClB12
画像はイメージです。

3大栄養素の一つであり、筋肉はもちろん、爪や髪、肌や骨などを構成し、体を動かす生命活動の原動力であるタンパク質は、理想的な筋肉を求め続けるアスリートはもとより、最近では、若年層や女性、さらにシニア層にまで注目されています。

しかし、日本人のタンパク質の摂取量は、残念ながら減少傾向です※1。また、1日の必要量を一度にとるのではなく、朝・昼・晩の3食でバランスよく摂取することが大切だと言われています。

ダノンジャパンの調査※2によれば、タンパク質をとりたいと思っている人の7割以上が1日の必要量を十分に摂取できていないと回答しており、その主な理由として「忙しい時にバランスの良い食事を準備する時間がない」「忙しい時にバランスの良い食事を準備するのは面倒くさい」「何にタンパク質/プロテインが含まれているか分からない」「タンパク質/プロテイン入りの製品は人工的な印象がある」ことを挙げています。

こうした背景を踏まえ、高タンパク質、脂肪ゼロ、100 kcal未満の「ダノンオイコス」では、おいしく、手軽に効率よく、良質なタンパク質を摂取したいという、体を動かす・動かしたい人々のニーズに応えるヨーグルトとして、ブランドリニューアルを実施します。

新パッケージでは、スポーティでアクティブなブラックを基調としたデザインを採用し、カップ当たりのタンパク質含有量が一目でわかるよう配置しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254623-O2-6BG7myP8

また、ブランドタグラインの「カラダ動かす、ジブン追い越す。」は、スポーツをするすべての人に、ジブンを追い越すチカラを提供したい、という想いと、製品名の“オイコス”を掛けたコピーを採用。そうしたブランドスピリットを象徴するアンバサダーとして、2018年ボルダリングW杯年間女王に輝き、2020年に向けて益々活躍が期待される野中生萌選手を起用し、体を動かす生命活動の原動力であるタンパク質の重要性と「ダノンオイコス」で手軽においしくタンパク質がとれることを訴求していきます。なお、野中選手を起用したコミュニケーションは、4月26日(金)よりブランドサイトを中心に発信していきます。

また、ブランドリニューアルを記念して、4月15日(月)より、抽選で500名様に「ダノンオイコス」をプレゼントするTwitterキャンペーン「NEWオイコス発売記念キャンペーン」を開始いたします。

※1 厚生労働省 平成29年国民健康・栄養調査
※2 2018年 ダノンジャパン調べ

■野中生萌(のなか みほう)選手について
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254623-O5-7H4Su2gt
<プロフィール>
1997年5月21日生まれ、東京都出身。9歳のとき、登山が趣味の父親とともに山登りのトレーニングの一環としてクライミングジムに連れて行かれたことで、クライミングと出会う。負けず嫌いな性格から自身を練習で追い込んだことでクライマーとしての才能が開花。2013年、16歳で初めて日本代表入りし、リードワールドカップに出場。2016年ボルダリングワールドカップ・ムンバイ大会で初優勝、また同年ミュンヘン大会でも優勝し世界ランキング2位を獲得。以降、数々の世界大会に挑み、2018年にはワールドカップの年間チャンピオンを獲得。

<野中生萌選手のコメント>
「ダノンオイコス」は大好きなヨーグルトで毎朝と言っていいほど食べていて、タンパク質の摂取もとても重要な要素なので、その面でもオイコスを選んでいます。また、長い時には5時間近くトレーニングすることもあるので、腹持ちのいいオイコスはトレーニング前には欠かせません。スポーツクライミングは個人競技で、さらに対人競技ではないので、壁との向き合い、自分との向き合いが大きな競技と言えます。そのため、大好きなオイコスとこのような取り組みができること大変嬉しく思います。これをさらに力に変えて、頂点まで登っていきたいです。

<野中生萌選手を起用したマーケティング活動> ※4/26以降、随時展開予定
・デジタル広告(動画、静止画) ブランドムービー、インフルエンサームービーの2種
・ブランドサイト、ブランドSNS(Twitter/Instagram)フルリニューアルおよび随時コンテンツ更新
・店頭POS

■NEWオイコス発売記念キャンペーン 概要
賞品:「ダノンオイコス」4個セット(抽選で500名様)
応募期間:2019年4月15日(月) 10:00 ~ 5月6日(月) 23:59
応募資格:日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
応募方法:
1. 公式Twitterアカウント「@oikos_JP(以下、Twitterアカウント)」をフォローしてください。
2. @oikos_JPが投稿する、#オイコス4個セットプレゼント のハッシュタグがついた投稿のいずれかをRT。
3. 当選者様にのみ、当選通知がDMで届きます。
※お一人様何回でもご応募いただけますが、同一アカウントからの投稿の場合は、応募は1回としてカウントされます。

■「ダノンオイコス」について https://www.danone.co.jp/oikos/
「ダノンオイコス」は、独自の水切りヨーグルト製法を用いた、濃密でクリーミーな食感が特徴のギリシャ ヨーグルトです。高タンパク質で、満足感が高いにもかかわらず、脂肪ゼロ、100kcal未満という特長から、朝食はもとより、間食や午後のおやつ、夜食など、幅広い喫食機会で支持されています。特にスポーツをする人にとってタンパク質は体を動かす生命活動の原動力となる重要な栄養素で、「ダノンオイコス」は手間なく、効率的に、自然でおいしくタンパク質をとっていただけます。「カラダ動かす、ジブン追い越す。」をタグラインに、スポーツをはじめ体を動かす人々を良質なタンパク質で応援します。

■ダノンジャパンについて http://www.danone.co.jp
ダノンは1980年に「味の素ダノン株式会社」として日本市場に初めて参入し、1992年に「カルピス味の素ダノン株式会社」を設立しました。2007年に100%子会社としてダノン傘下に入り、社名を「ダノンジャパン株式会社」に改めました。ダノンの日本法人であるダノンジャパン株式会社は、チルド乳製品では「ダノンオイコス」「ダノンデンシア」「ダノンビオ」「ダノンヨーグルト」「プチダノン」「ベビーダノン」、ウォーターでは「エビアン」のような飲食製品を提供しています。
また、ダノンジャパン株式会社では、2018年4月12日、新たな原材料調達・開発方針として、(1)安全性、おいしさ、栄養価を保ちながら原材料の見直しに取り組んでいく「素材へのこだわり」、(2)徹底した「原材料に関する情報発信」、(3)「日本のお客様の栄養ニーズに応える製品開発」の3つを「ダノンジャパンのお約束」として発表しました。詳しくは、以下のウェブサイトをご参照ください。
「ダノンジャパンのお約束」:http://www.danone.co.jp/company/pledge/

■ダノンについて www.danone.com
ダノンは、世界120以上の市場で事業展開している飲食料業界のグローバル・リーダーです。「より多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という企業理念を掲げ、チルド乳製品(世界第1位)、ウォーター(世界第2位)、乳幼児向け食品(世界第2位)、医療用栄養食(欧州第1位)の4事業を展開しています。「私たちの健康と健全な地球は繋がっている」という強い信念のもと、ダノンは「One Planet. One Health」というビジョンを掲げ、より健康で持続可能な食生活に新風を吹き込むことを目指します。ダノンは健康に関する事業に軸足を置き、効率的で責任のある事業運営を通じて持続可能な価値を創造し、共有することに注力しています。また、事業運営では高い基準に則り、初めてBコーポレーションに認証される多国籍企業の一社になることを目標にしています。2017年の売上は247億ユーロでした。ダノンには、国際的に認知度の高いブランド(「アクティビア(日本では「ダノンビオ」として販売)」「アクティメル」「アルプロ」「アプタミル」「ダネッテ」「ダノニーノ」「ダニオ」「エビアン」「ニュートリシア」「ニュートリオン」「ボルヴィック」など)や、ローカルブランド(「アクア」「ブレディナ」「ボナフォン」「カウ・アンド・ゲート」「ホリゾーンオーガニック」「マイゾーン」「オイコス」「プロストヴァシキーノ」「シルク」「ヴィーガ」など)があります。
ダノンは、NYSEユーロネクスト・パリ証券取引所と、米国預託証券プログラムを通じて、OTCQXに上場しております。「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」「ヴィジオ」「エティベル・サステナビリティ・インデックス」「MSCIグローバル・サステナビリティ」「MSCI・グローバル・SRI・インデックス」「フィッチー・フォー・グッド・インデックス」といった主要な社会的責任投資インデックスに選出されています。

ダノンオイコス 新キービジュアル
ダノンオイコス 新パッケージ
野中生萌選手
ダノンオイコス 製品ラインアップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ