プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

ARの「インスタ映え」スポットが出現!ARカメラアプリ「arera by goo」をリリース

2019年3月26日

NTTレゾナント株式会社

ARの「インスタ映え」スポットが出現!
ARカメラアプリ「arera by goo」をリリース
~ハチ公など都内人気スポット100か所にARアートを設置~
https://arera.goo.ne.jp

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、AR(Augmented Reality:拡張現実)カメラアプリ「arera by goo(アレラ バイ グー)」を本日リリースします。「arera by goo」は、位置情報に基づいて各地に設定されたARアートを使って、簡単におしゃれな写真や動画が撮影できるiOSアプリです。サービス開始時は、東京都内のJR山手線内を中心とした、渋谷・ハチ公などの人気スポット100か所にARアートを設置し、今後は全国展開を予定しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254630-O1-g65VyRl5

1.背景
 SNSで高い評価を受けたり、拡散されやすい写真が撮影できる場所は、「インスタ映え」スポットと呼ばれています。「arera by goo」は、JR山手線内を中心とした東京都内100か所に設置されたARアートを使った「インスタ映え」スポットで写真撮影ができるアプリです。ARを活用することで、建物や場所そのものの魅力にデジタルの楽しさ、面白さが加わった写真を撮ることができます。アプリを通じて、SNSウケの良い写真や動画を撮りたいユーザーに向けて、リアルとデジタルが融合した新しい「インスタ映え」スポットを提案します。

2.「arera by goo」について
 「arera(アレラ)」とは、「AR」と「camera」を組み合わせた造語です。また、ARの新しい時代「AR Era(Era:時代)」を切り開くサービスにしたいという願いも込めました。アプリを通じて、写真や動画を撮るユーザーがワクワクするようなARアートの提供を目指します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254630-O2-r671Pq71

【主な機能】
(1) ARアートを用いた撮影機能
 位置情報を許可した状態で、ARアートの設置された場所(*1)でアプリを起動すると、その場所限定のARアートの写真・動画を撮影できます。

(2) カメラ切り替え機能
 インカメラ、アウトカメラを切り替える事ができます。インカメラを使うことで、ARアートを自撮りで撮影できます。

(3) ARアートの検索機能
 アプリ内の地図上で、ARアートが設置された場所を検索する事ができます。

【主なARアート設置場所】
(1) JR山手線内全駅
 新宿、新大久保、渋谷近辺には多数設置

(2) その他東京都内人気スポット
 吉祥寺・井の頭公園、お台場など

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254630-O3-lEFd7J06
※イメージ 左:ARアート設置前、右:ARアート設置後

【アプリダウンロードはこちら】
公式サイト :https://arera.goo.ne.jp
iOS    :https://itunes.apple.com/jp/app/id1455819151
※動作環境:iPhone 6S以降、iOS11.3以降

3. 今後について
 今後は、ARスポットの全国展開や、大規模イベントとのタイアップ、さらにはユーザーによるARスポット設置などを予定しています。ARを活用して、ユーザーが楽しめるコンテンツの提供と、観光分野への貢献を目指します。

【補足】
(*1) ARアートの出現範囲は、ARアートの種類によって異なります。
     【例】シャボン玉のARアート:公園全域
      銅像のARアート:銅像の半径5メートル以内

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

サービスイメージ
機能イメージ
image3_ARアート設置前後イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ