プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

誤差数センチメートルの高精度測位を実現する「GNSS位置補正情報配信」の技術検証を開始

2019年3月25日

NTTドコモ

NTTドコモは、測位衛星システムGNSSを利用して、誤差数センチメートルの高い精度で位置を測ることができるシステム「GNSS位置補正情報配信基盤」の構築に向けて、その技術検証を開始いたしました。

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、測位衛星システムGNSS※1を利用して、誤差数センチメートルの高い精度で位置を測ることができるシステム「GNSS位置補正情報配信基盤」の構築に向けて、その技術検証を2019年3月19日(火)より開始いたしました。
 
 高い精度の位置情報を活用したビジネスは、各業界のIoT普及の鍵の一つとも言われており、建機(i-Construction)・農機(スマート農業)・自動車(車のICT革命)などのIoTビジネスの取り組みと共に、センチメートル級の位置補正情報の需要が高まっています。

 ドコモが技術検証を開始した「GNSS位置補正情報配信基盤」は、既に国土地理院により全国に設置された約1,300点の電子基準点に加えてドコモ独自固定局※2を設置した場合を想定したものです。電子基準点とドコモ独自固定局がGNSSから観測したデータは、携帯電話ネットワークを通じて、位置補正情報配信サーバーにより、位置情報を必要とする移動局※3に配信され、誤差数センチメートルの高精度測位を実現します。 

GNSS位置補正情報配信基盤(想定)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903204487-O1-LMom1T3D

 技術検証では、検証を行う移動局の近くにドコモ独自固定局を設置し、同時に技術検証用の位置補正情報配信サーバーを構築します。そして、実際に移動局で得られる測位データを検証することで、位置精度の品質やアンテナの電波干渉、位置補正情報配信サーバーの品質や運用性などを多角的に検証する予定です。

 ドコモ独自固定局の設置に関しては、ドコモの既存設備の活用に加え、NTTグループの所有する設備などの利用を検討しております。また、位置補正情報配信サーバーの構築に関しても、NTTグループが有する先端技術※4に加え、コラボレーションパートナー※5のテクノロジーも活用することで、高品質な「GNSS位置補正情報配信基盤」の提供を実現いたします。

 ドコモは、今後、これらの技術検証を進めるとともに、「GNSS位置補正情報配信基盤」の事業化の検討を行います。これにより、高精度位置情報を活用し、新たな産業創出に貢献すべく、社会的な基盤の実現に貢献できると考えております。

※1 GNSSは、Global Navigation Satellite Systemの略で、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)などの衛星測位システムの総称。
※2 GNSSの観測データを受信するため、ドコモが独自で設置する固定局のこと。
※3 位置補正情報を受信する側のこと。
※4 NTTグループが有する先端技術については、下記のページをご覧ください。
https://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2018a/info/exhibit3/detail/G17.html
※5 ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング株式会社(代表取締役社長 前田裕昭)

 

GNSS位置補正情報配信基盤
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ