プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

JFA × KIRIN × KDDI  5G時代を見据えて新たな「観戦体験」を。 XRテクノロジーを日本代表戦に導入開始

2019年3月25日

公益財団法人日本サッカー協会
キリン株式会社
KDDI株式会社

JFA × KIRIN × KDDI
5G時代を見据えて新たな「観戦体験」を。
XRテクノロジーを日本代表戦に導入開始
「キリンチャレンジカップ2019」で、新しい応援はじまる!
第1弾は3月26日ボリビア戦で「ARサッカー観戦」を実施

 公益財団法人日本サッカー協会(東京都文京区、会長:田嶋幸三、以下 JFA)、サッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリン株式会社(東京都中野区、代表取締役社長:磯崎功典、以下 キリン)、サッカー日本代表サポーティングカンパニーであるKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)の3社は、JFAが主催する「キリンチャレンジカップ2019」において、お客さまの応援体験をより価値あるものにすることを目的に、5G時代を見据えて「XRテクノロジー」を導入します。サッカー日本代表戦のスタジアム観戦に通信やXRのテクノロジーを導入することで、より楽しく、より快適で、臨場感のある観戦体験の提供を目指します。

 XRテクノロジー導入の第1弾として、2019年3月26日「キリンチャレンジカップ2019」日本対ボリビア戦では、AR技術を活用した「ARサッカー観戦」のサービスをスタジアムの一部シートで実施します。本施策では、様々な角度からのカメラ映像観戦に加え、スタッツを用いた試合結果の予想、ハーフタイム中に楽しめるカジュアルARゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」が、自席に設置されたタブレットでお楽しみいただけます。

 JFA、キリン、KDDIの3社は、今後最新テクノロジーを活用し「キリンチャレンジカップ」の観戦を盛り上げていきます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254602-O1-l778ZQ29 】 XRテクノロジーの1つとして今回導入する「ARサッカー観戦」

■「ARサッカー観戦」の概要
対象試合:「キリンチャレンジカップ2019」SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ボリビア代表戦
開催日時:2019年3月26日 19:30キックオフ(予定)
テレビ放送:フジテレビ系列にて全国生中継 19:00〜21:30  
開催地:ノエビアスタジアム神戸(兵庫県神戸市兵庫区御崎町1丁目2−2)

1.視点ジャンプとスタッツ表示
 自分の好きな視点から試合を観戦できる視点ジャンプと、チーム・選手ごとのスタッツを表示。
 スタッツはリアルタイムに更新され、観戦中の試合をより詳細に楽しめる。視点ジャンプではTV中継を行うフジテレビジョンの協力も得て実現。

2. スタッツゲーム
 試合前に、シュート数やボール支配率などの様々なスタッツで試合結果を予想するゲーム。

3.ARゲーム
 ARのカジュアルゲーム「KIRIN CHALLENGE CUP キックターゲット」。
 ハーフタイムなど、試合中以外の時間でAR空間上に現れたゴールの的を打ち抜くゲームを楽しめる。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254602-O2-174grrFN 】<視点ジャンプ>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254602-O3-3igv1014 】<スタッツゲーム>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254602-O4-Y685zKPt 】<ARゲーム>

■キリンのサッカー日本代表応援
キリンは1978年からサッカー日本代表を応援し、2015年4月よりオフィシャルパートナーとなりました。
新コーポレートスローガン「よろこびがつなぐ世界へ」のもと、2019年は「新しい応援、はじまる」をメッセージとし、ファンとサッカー日本代表の応援をするとともに、人と人の絆づくりのための取り組みなど、サッカーを通じた様々な応援活動を実施していきます。
キリンのサッカー応援について詳細はこちら
https://www.kirin.co.jp/csv/soccer/

■au BLUE CHALLENGE
全力を全力で応援する。懸命なプレーをする選手たちとともに、わたしたちauも挑戦します。
勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。
auがもつ通信テクノロジーを生かして、「あたらしいサッカー体験」の創出に挑み、
サッカー日本代表を全力で応援していきます。
味わったことのない興奮を、みなさんと。
au BLUE CHALLENGEについて詳細はこちら
https://www.au.com/pr/soccer/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ