プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

「大分で会いましょう。」プロジェクト事務局

映像とSNSを使った新しい情報発信を試みる大分県のPR事業「大分で会いましょう。」プロジェクト

2019年3月25日

大分県広報広聴課

映像とSNSを使った新しい情報発信を試みる大分県のPR事業「大分で会いましょう。」プロジェクト

2019年3月25日

プレスリリース: 映像とSNSを使った新しいPRを試みる「大分で会いましょう。」

大分県では、全国的に高い評価を得ている自治体PR動画をはじめ、昨年好評のうちに終了した国民文化祭・おおいた2018、全国障害者芸術・文化祭おおいた大茶会、など、近年、文化面でも大きな盛り上がりを見せています。また、今秋にはラグビーワールドカップの開催を控えるなど、各方面から注目が高まっています。

この盛り上がりとともに、大分全域の魅力を余すところなく発信すべく、2018年6月よりオウンドメディア「大分で会いましょう。」を開設しました。おかげさまで回を重ねるごとに浸透し、現在フェイスブックでは約10,000人のフォロワーを獲得し、映像とSNSを使った新しいPRの手法として、ご注目いただいています。

★「大分で会いましょう。」とは?★

「大分で会いましょう。」は全国から多彩なゲストを迎えて、大分各地で様々な出会いを繰り広げるスタジオトークとツアーのシリーズです。毎月ひとつのテーマのもと、多種多様なジャンルで活躍する魅力的なゲストが大分の様々な人たちと出会いながら旅をします。

ある時は町の小さな本屋で、ある時は城下町のゲストハウスで、ゲスト2人が地元のキーパーソンを交えカジュアルに話し合う様子はネットラジオでライブ配信されるため、配信中にSNS上でコミュニケーションをとることも可能です。様々な化学反応が起こる瞬間を誰もが共有できるメディアとなっています。配信を逃した方も、2人のトークや旅の様子は映像とテキストでアーカイブされ、サイト上で閲覧することができるので、生きている情報としていつでも入手することができます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254614-O1-a452njt3

★これまでのツアーアーカイブ★

「大分で会いましょう。」ではこれまで多彩なゲストを迎え、計8回のツアーを行いました。

第1回目:「写真」
ゲスト:保井崇志×前田エマ
ツアーの様子はこちら:https://oita.love/archives/131

第2回目:「食」
ゲスト:小林エリカ×平野紗季子
ツアーの様子はこちら: https://oita.love/archives/133

第3回目:「音」
ゲスト:蓮沼執太×ユザーン
ツアーの様子はこちら: https://oita.love/archives/255

第4回目:「川」
ゲスト:指出一正×柴田英昭/淀川テクニック
ツアーの様子はこちら: https://oita.love/archives/336

第5回目:「建築」
ゲスト:齋藤精一×佐野文彦
ツアーの様子はこちら:(https://oita.love/archives/373

第6回目:「仕事」
ゲスト:紫牟田伸子×ひびのこづえ
ツアーの様子はこちら: https://oita.love/archives/514

第7回目:「センス」
ゲスト:佐藤武司×梅川壱ノ介
ツアーの様子はこちら: https://oita.love/archives/518

第8回目:「暮らし方」
ゲスト:近藤康太郎×辛酸なめ子
ツアーの様子はこちら:https://oita.love/archives/521

★「大分で会いましょう。」スピンオフ企画★

【大分で会いましょう。WEEK】

2018年11月16日から 24日までの 9 日間、大分市内を中心に「大分で会いましょう。ウィーク」と題し様々なミーティングイベントが行われました。「今の大分はどう見えている?」をテーマにロフトワーク代表の林千晶さんと本プロジェクトのプロデューサー松田朋春が行ったオープニングトークを皮切りに、連夜の飲み歩きSNS企画「あの人にあの店で会いましょう。」を挟み、最終日には大分県立美術館 (OPAM)の地下駐車場にて、ミーティングイベント「OPAMで会いましょう。」を開催しました。 地元では通好みの作品を上映することで知られている映画館、シネマ5支配人の田井肇さんと本プロジェクトのデザイン物全般を手がけるデザインマップ代表の麻生勝水さんをゲストに迎えたトークを行なったほか、普段から人の輪を作っている方々をママに迎え、地下の異空間にスナック風ブースを設置し、訪れた400人以上の方々にお酒や軽食が振舞われました。また、これまでにご出演いただいた方々や「あの人にあの店で会いましょう。」 を通じて知り合ったミュージシャンなどによるパフォーマンスが行われるなど、スナックという自由なコミュニケーション空間が作り出すくつろいだ雰囲気の中、大分の魅力を存分に語り合い、新たな発見や出会いが多く生まれたひと時となりました。

大分で会いましょう。WEEKの様子はこちら:https://oita.love/archives/371

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254614-O2-zQH1ck8B

★オリジナルグッズ販売中★

さまざまな人と場所を通じて起こった化学反応によって、写真集やTシャツの制作などの企画が生まれ、その可能性は有機的に発展し続けています。

【Tシャツ】

ミーティングツアーにインスパイアされて書き留めたドローイングや作品をアレンジしてデザインされたTシャツシリーズが好評発売中です。「大分で会いましょう。」オリジナルTシャツも販売していますので合わせてご注目ください。

https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=351254&locale=ja

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254614-O3-1O0MscCn
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254614-O4-287b4Tge

左:小林エリカさんのイラストのTシャツ 右:柴田英昭さんの作品をプリントしたTシャツ

【写真集】

ミーティングツアーVol.1(保井崇志×前田エマ)のスピンオフ企画「大分で猫に会いましょう。」の写真集が好評発売中です。

初回ゲストの前田エマさんには写真家とモデルの二役を担当していただき、大分大学写真部の吉江丞晴さんとともに、個性豊かに暮らす島の猫の表情を捉えました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903254614-O5-t95k2nNr

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ