プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

滋賀県立琵琶湖博物館

「琵琶湖 漁具図鑑―魚つかみの道具のヒミツ」を開催

2019年3月20日

滋賀県立琵琶湖博物館

国登録有形民俗文化財「琵琶湖の漁撈用具及び船大工用具」
登録記念ギャラリー展示
「琵琶湖 漁具図鑑―魚つかみの道具のヒミツ」を開催
2019年3月23日(土)~5月6日(月)

 琵琶湖博物館では、2018年3月に国の登録有形民俗文化財となった当館所蔵の「琵琶湖の漁撈用具及び船大工用具」のお披露目として、ギャラリー展示「琵琶湖 漁具図鑑-魚つかみの道具のヒミツ」を下記の通り開催します。
 内水面漁撈用具としては国内最大級のコレクションのなかから、選りすぐりの伝統漁具を展示します。豊富な実物資料に加えて、ただ道具を眺めるだけではわからない、道具を使いこなす人々の戦略や、人と生きものとの駆け引きなどをパネルと映像で解説し、湖辺の暮らしを支えた「魚つかみ」の道具の魅力を伝えます。

            記

会  期:2019年3月23日(土)~5月6日(月)
開館時間:9時30分~17時(最終入館は16時30分まで)
料  金:常設展示観覧料金が必要
場  所:滋賀県立琵琶湖博物館 企画展示室

<内容>
主な展示コーナーと展示資料
・約200個の大量のエビタツべ 
・近江の複雑な水環境に対応した多様な筌(うけ)
・水辺最強の罠、タツべ(竪型筌)
・琵琶湖ならではの淡水真珠養殖
・琵琶湖の最深部をねらう小糸網漁
※展示品はすべて琵琶湖博物館所蔵。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ