プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

川崎市

中学生記者が取材!平成最後のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21

平成31年3月20日(水)

川崎市臨海部国際戦略本部

中学生記者が取材!平成最後のニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21
~川崎臨海部のナノ医療イノベーションセンター~

「川崎の南端は世界の最先端です」をキーワードに、川崎臨海部における本市の取組、臨海部立地企業、まちの魅力等、多角度からの情報を発信することを目的としたニュースレター「KAWASAKI Coastal Area News」Vol.21を、3月20日(水)に発行します。
リニューアル第3弾となる今号は、「ナノ医療イノベーションセンター✕中学生記者」と題して、最先端の研究から新たな産業を生み出し、日本の経済をけん引する、川崎区殿町地区の国際戦略拠点「キングスカイフロント」を、川崎市立金程中学校の生徒さんが記者としてナノ医療イノベーションセンターを取材しました。バックナンバーと合わせて、ぜひご覧ください。

【Vol.21発行日】
平成31年3月20日(水)

【発行回数】
年3回予定

【配付対象】
マスメディア、インターネットメディア及び区役所等での配付
※市民の皆様に対しては、各区役所、市民館、図書館等に配架することで周知いたします。

【ホームページへの掲載】
ニュースレターはキング スカイフロント公式ウェブサイトでも閲覧できます。
http://www.king-skyfront.jp/letter/

【ニュースレターVol.21 記事構成(全4ページ)】
「ナノ医療イノベーションセンター✕中学生記者」

○ナノ医療イノベーションセンターとは?
○Topics1ドラッグデリバリーシステム、ナノマシンの技術について
ナノ医療イノベーションセンター主任研究員 持田 祐希 氏
川崎市立金程中学校 西尾 真優(2年生)安念 晴菜(1年生)猪上 拓磨(1年生)

○Topics2 がん治療の仕組み、それらを世の中に送り出すための課題と社会にもたらす変化
ナノ医療イノベーションセンター研究員 林 光太朗 氏
川崎市立金程中学校 野口 咲希(2年生)古川 陽一朗(2年生)斉藤 煌侑(1年生)森田 二葉(1年生)

○Topics3 アルツハイマー病の治療の仕組み、それらを世の中に送り出すための課題と社会にもたらす変化
東京大学(研修生) 吉永 直人 氏
川崎市立金程中学校 野村 圭史(2年生)梶 愛実(1年生)勝亦 優月(1年生)木野村 亮(1年生)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ