プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都外国語大学

【取材案内】ASEAN5ヶ国と意見交換 「アジア観光における伝統の翻案・翻訳」開催

2019年3月20日

京都外国語大学・京都外国語短期大学

ASEAN5ヶ国と意見交換
「アジア観光における伝統の翻案・翻訳」開催

 京都外国語大学は3月23日(土)、国際フォーラム「アジア観光における伝統の翻案・翻訳」を開催します。当日はASEAN5カ国(マレーシア、タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア)の観光都市にある5大学の研究者らとパネルディスカッション(英語・通訳無し)を実施。。国際交流基金アジアセンターのアジア・文化創造協同助成を受け、2016年度に始まった各大学の教員及び学生による共同調査・研究の成果や、今後のパートナーシップの在り方について意見交換します。また、パネルディスカッションに先立ち、世界遺産研究家の久保 美智代氏、松井本館若女将の松井 もも加氏による講演、そしてジェフ バーグランド国際貢献学部グローバル観光学科長を交えたディスカッション「本物って何?」を日本語で行います。
 諸事ご多忙とは存じますが、是非とも取材していただきますようご案内します。また、取材していただける場合は、事前に下記までご連絡お願い申し上げます。

【日 時】 2019年3月23日(土) 13時30分~17時30分 ※13時受付開始
【会 場】 京都外国語大学1号館7階 171教室
【定 員】 150名(予定)
【プログラム】 
13:30~【講演】
「30分で旅気分!アジアの世界遺産」 旅する世界遺産研究家 久保 美智代氏

14:00~【講演】
「日本旅館の文化と継承」 松井本館若女将 松井 もも加氏

14:30~【ディスカッション】
「本物って何?」 久保氏、松井氏、バーグランド グローバル観光学科長

15:15~ 休憩

15:30~【パネルディスカッション】 ※英語(通訳なし)
“The Authenticity, Adaptation, and Translation of Heritage in Asian Tourism”  (アジア観光における伝統の翻案・翻訳)
マレーシア科学大学(マレーシア)、チェンマイ大学(タイ)、ハノイ大学(ベトナム)、ガジャマダ大学(インドネシア)、スパノボン大学(ラオス)、京都外国語大学(日本)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ