プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トレック・ジャパン株式会社

トレックが、まったく新しい衝撃吸収技術「WaveCel」を 世界で初めて搭載したサイクリングヘルメットを発売

2019年3月20日

トレック・ジャパン株式会社

トレックが、まったく新しい衝撃吸収技術「WaveCel」を世界で初めて搭載したサイクリングヘルメットを発売

2019年3月20日、トレック・ジャパン株式会社は、サイクリングヘルメットの安全性を飛躍的に高める衝撃吸収技術WaveCel(ウェーブセル)を搭載したヘルメット2モデルを、ボントレガーブランドから発売いたします。WaveCelとは、ヘルメットの内側に設置されたまったく新しい衝撃吸収技術のことで、本製品は世界で初めてWaveCelを搭載した製品となります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903144268-O8-o8q3kP8p

サイクリングヘルメットにおけるプロテクション
一般的なEPSフォーム(発泡スチロール)のヘルメットは、主に頭部に垂直にかかる衝撃を吸収し、頭蓋骨骨折を防ぐことを想定して開発されています。しかし現実世界では、高速で走行するサイクリング中に転倒した場合、頭部が斜め方向で地面に衝突し、回転やひねりの力によって脳が揺さぶられることで、脳震とうや後遺症につながる脳障害が発生します。こういった脳へのダメージの多くは、頭蓋骨骨折を伴わず、頭蓋骨の内部で発生することがわかっています。トレックは、このダメージを最小化することこそがサイクリングヘルメットに求められる最も重要な性能であると考え、より安全なヘルメットを提供するため、外部研究機関と綿密に連携しながらヘルメットの開発を進めてきました。

WaveCelの機能
WaveCelは、頭部にかかる斜めの衝撃を吸収することを目的に開発されました。衝撃を受けると、WaveCelのレイヤーが独立して動き、セル構造が変形し、潰れた後に横方向へ滑り、頭部にかかる衝撃を積極的に吸収します。WaveCelは、一般的なサイクリングでの転倒を想定した実験*において、軽度の脳障害の発生を1.2%に抑えます。なお、従来のEPSフォームヘルメットにおいては、同条件での実験で、軽度の脳障害の発生が58.2%となり、WaveCelは他製品と比べ、圧倒的なプロテクションパフォーマンスを提供します。
*本実験は、標準的なEPSフォームのヘルメットと、WaveCelを取り付けた同一のヘルメットを、秒速6.2m、斜め45度の衝突で生じるAIS スコア2の怪我(脳震とう~軽度の脳障害)の発生確率を比較

WaveCelの今後の展開
トレックは、米APEXバイオメディカルが開始したWaveCelの技術研究に初期段階から協力してまいりました。今回発売されるヘルメットは、世界初のWaveCelが搭載された製品となります。今後、他のスポーツやアクティビティ用のヘルメットにおいて、WaveCelの技術が搭載された製品が発売予定です。

トレック・バイシクル アメリカ本社 社長 ジョン・バークのコメント
「より多くの人にバイクに乗ってもらうには、ライドをより安全で身近なものにしないといけない。WaveCelは、今までデザインされた中で最も発達したヘルメットテクノロジー。これを搭載したヘルメットこそが、ライドをより安全にし、誰でも楽しめるものにする」。

ボントレガー WaveCel ヘルメット ラインアップ

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903144268-O19-gD6QU36j
1. XXX WaveCel Road Helmet(トリプルエックス ウェーブセル ロード ヘルメット)
・エアロダイナミクスや軽量性を重視したハイエンドモデル。
・価格:¥31,481(税抜) 
・サイズ:S/M、M/L
・カラー:Black, White, Red, Radioactive Yellow, Azure, Purple Phase

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903144268-O23-lGvFqjZ4
2. Specter WaveCel Road Helmet(スペクター ウェーブセル ロード ヘルメット)
・日常的なサイクリングを目的としたミドルグレードモデル
・価格:¥19,444(税抜)
・サイズ:M、L
・カラー:Black, White, Red, Radioactive Yellow

■トレックとは
トレック・バイシクルは1976年にアメリカ・ウィスコンシン州で創業した総合自転車メーカー。ツール・ド・フランスなどの世界最高峰のロードレースを走るチーム「トレック・セガフレード」に機材を供給するなど、世界最高レベルのテクノロジーを持つブランドとして知られている。
日本国内においては、100%子会社のトレック・ジャパン株式会社が1991年より輸入卸売を行い、直営9店舗をはじめとし、日本全国に販売網を構えている。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903144268-O28-Nf9UHr28

■会社概要
会社名   : トレック・ジャパン株式会社
代表者  : 代表取締役 田村 芳隆
所在地  : 〒662-0036 兵庫県西宮市大井手町7-28
設立   : 1991年2月
事業内容 : 自転車および自転車関連品の販売
資本金  : 4040万円

■製品情報
wavecel.trekbikes.com/jp/ja_JP/

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ