プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社テクムズ

0.1mm の不良を検出する品質検査AI を発表

2019年3月19日

株式会社テクムズ

0.1mmの不良を検出する品質検査AI を発表
~目視検査が難しいとされる黒色系製品、0.1mmの不良を検出するAI 技術~

株式会社テクムズ(本部:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木 孝昌、以下 テクムズ)は人の目による目視検査以上の高精度、高速処理で微小な傷を検出する品質検査AI 技術の開発を進めています。

開発中の品質検査AI(以下、本AI)は、0.1mm の微小な傷の検出を高速に処理するだけでなく、検出の難しい黒色系部品の傷を高精度で検出します。テクムズの培っていきた『特徴点抽出』技術を深化させ実現します。この技術により熟練検査員と同等の検査が可能になります。

テクムズはこの技術を積極的に製造現場に展開し、製造現場の抱える人手不足等の課題解決や海外工場での品質向上に取り組んでいきます。
※本技術の発売時期・発売価格などの詳細は未定です。

 ■品質検査AI 概要
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903194423-O2-sK96p4Lq 】             
 【写真1:本AI で検出した O リングの傷】

ベテラン検査員以上の検査品質の実現
■0.1mm の傷検出精度で100 万個以上/月の品質検査が可能
(10h/日、26 日/月稼働:計算値)

不具合種別の検出
■傷、焼付き、バリ、融合、充填不足などを検出

微細な不具合に対応
■ミクロン~数十ミクロン

■会社概要
商号: 株式会社テクムズ
代表者: 代表取締役 鈴木 孝昌
本部所在地: 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-26-21 TOMI ビル3F
URL: http://www.tkmes.jp
事業内容: 業界最速の画像認識AI を目指し、製造業の品質検査のなかでも人の目による目視検査が難しいとされる黒色ゴム/樹脂系製品の傷を検出する品質検査AI 技術の開発を進めています。

tkmes
品質検査AI
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ