プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オルツ

新会社オルツテクノロジーズを設立、世界最大規模のAIプラットフォームを展開

2019年3月15日

株式会社オルツ

新会社オルツテクノロジーズを設立、世界最大規模のAIプラットフォームを展開

P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』を開発する株式会社オルツ(本社:東京都千代田区、代表取締役:米倉 千貴、以下オルツ)は、サービスを充実し営業力を強化するとともにグループの価値向上を目的として、株式会社オルツテクノロジーズを設立します。

【新会社設立の背景と目的】
オルツは「ラボーロからオペラへ※1」と「私たちの存在を永遠にする」の2つをミッションに掲げ、創業より一貫して P.A.I.※2(パーソナル人工知能)の研究・開発に邁進しています。一方で、P.A.I.の研究開発過程から生まれた対話エンジンなどの要素技術や、機械学習による個性モデル構築などのノウハウを、AIの活用を検討する企業様に提供してまいりました。

今回、新たに設立する株式会社オルツテクノロジーズ(以下オルツテクノロジーズ)ではより幅広いソリューションを提供し営業力を強化するため、オルツが独自に研究開発を進めてきたAI技術に加え、他のAI先端企業とも提携しサービスメニューの拡充をはかります。
さらに、オルツテクノロジーズでは、様々なAI技術をウェブ上で利用可能にするAPI群を備えた世界最大規模のAIプラットフォーム「altGo Platform」(オルツゴープラットフォーム)を展開し、AI技術のビジネス現場への適用を進めます。

オルツおよびオルツテクノロジーズがそれぞれの役割に集中し、シナジーを起こすことにより、AI業界におけるオルツグループのさらなる価値向上とスピーディーな事業拡大を目指します。

【今後の見通し】
オルツは、今後も「全人類1人1デジタルクローン」というビジョンを追求し、その実現に欠かせないパーソナルデータのストレージプラットフォーム「alt stack※3」と、個性モデル構築のための大規模な演算処理力の確保を可能とする「alt emeth※4」の開発および事業化に注力します。

オルツテクノロジーズは、オルツが従来よりクライアント企業と実施してきた取り組みを継承するとともに、「altGo Platform」を通してAI技術をより手軽に利用できる仕組みを確立します。「altGo Platform」は今年度中に、AI技術のパートナー企業を100社、ユーザー側は10万人の会員を獲得することを目指します。

オルツテクノロジーズの始動として、2019年4月3日(水)〜 4月5日(金)に東京ビッグサイト(青海展示棟)で開催される「第3回AI・人工知能 EXPO」に「altGo Platform」を出展いたします。

【新設会社の概要】
名称  :株式会社オルツテクノロジーズ
事業内容:人工知能及び人工知能関連技術の研究・開発及びこれに関するサービスのコンサルティング・企画・開発・運営
所在地 :東京都千代田区東神田3-1- 2
代表者 :代表取締役 金丁龍
資本金 :10,000,000円 *資本準備金含む
設立日 :2019年4月1日予定
ロゴ  :
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903154290-O2-8bLX3eIK

※1「ラボーロからオペラへ」
全ての人が自分のAIを持つことによって、労働(Lavoro)から解放され、アーティスティックな営み(Opera)に没頭することができる世界を実現するという意。

※2 P.A.I.とは
「P.A.I.」とは、私たち自身の意思をデジタル化し、それをクラウド上に配置してあらゆるデジタル作業をそのクローンにさせることを目的としたAI。
「P.A.I.」は株式会社オルツの登録商標です。

※3 alt stack (オルツ・スタック)
分散型個人データストレージ・プラットフォーム
関連ニュースリリース:https://alt.ai/news/news-stack/

※4 alt emeth(オルツ・エメス)
分散型ニューラルネットワーク基盤
関連ニュースリリース:https://alt.ai/news/news-alt-meth/

■ 株式会社オルツついて
https://alt.ai
本社所在地:〒101-0031東京都千代田区東神田3-1-2 ユニゾ東神田三丁目ビル 8F
代表者:代表取締役 米倉 千貴
資本金:1,992,773,500円(2019年1月31日現在、資本剰余金含む)
設立:2014年11月
事業内容:P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の開発

新会社オルツテクノロジーズのロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ