プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

西日本鉄道株式会社

【西鉄】福岡市東区アイランドシティ地区においてAI活用型オンデマンドバスの運行を開始します

2019年3月13日

西日本鉄道株式会社

福岡市東区アイランドシティ地区においてAI活用型オンデマンドバスの運行を開始します

 西日本鉄道株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:倉富 純男、以下「西鉄」)と三菱商事株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内 威彦、以下「三菱商事」)は、合弁会社ネクスト・モビリティ株式会社(所在地:福岡県福岡市、代表取締役社長:東 欣哉、以下「ネクスト・モビリティ社」)を設立し、本年4月下旬(予定)より、福岡市東区のアイランドシティ地区において、AIを活用したオンデマンドバスの運行を開始いたします(認可申請中)。
                                                   
 地方を中心とした公共交通事業は利用者の減少(事業収支赤字)や運転士不足などの問題を抱えており、効率的で持続可能な公共交通サービスの構築が課題となっています。また、同地区は住宅や集客施設、港湾施設などの開発が進む中、マイカーを中心とする交通量の増大とそれに伴う駐車場の不足、交通渋滞悪化の懸念、物流エリアにおける公共交通の不足など、まちの成長に合わせた公共交通の拡充が課題となっています。

 今回、これらの課題解決を目指し、ネクスト・モビリティ社がAI活用型オンデマンドバスを同地区に導入いたします。1年間の運行を行い、課題解決に対する有効性や事業性を検証いたします。本サービスを導入し、同地区における公共交通ネットワークの拡充と利便性向上を図り、マイカーから公共交通への転換を促進することで、効率的で持続可能な公共交通サービスの構築を目指します。また、運転士不足への対応として、使用車両を乗車定員10人に改造することで普通第二種運転免許での運転が可能となり、福岡西鉄タクシー㈱の運転士が乗務します。

 本サービスは、決まったダイヤはなく、お客さまのリクエストに応じ、適宜ルートを変えながら運行するオンデマンドバスです。同地区内および同地区と西鉄・JR千早駅、イオンモール香椎浜との間を5台で運行し、運賃は200円から400円です。特徴は、①多数のミーティングポイントを設定し、需要に応じたきめ細やかな対応が可能、②スマートフォンの専用アプリからリアルタイムでの配車が可能、③AIが予約状況や渋滞情報等のデータを随時蓄積・学習することで、より効率的な運行を実現、④アプリ内でクレジットカードによる決済が可能、といった点です。

予約・配車システムにはカナダSpare Labs社が開発したシステムを使用し車両は、日産自動車株式会社からご協賛いただいた「キャラバンマイクロバス」を使用いたします。また、福岡市やアイランドシティ周辺の事業者のみなさまから地域をあげて利用促進をサポートいただきます。

 西鉄と三菱商事は、全国の地域が抱える交通課題の解決を目指し、持続可能な公共交通事業モデルの構築に積極的に取り組んでまいります。

アプリ画面のイメージ
アプリ画面のイメージ
アプリ画面のイメージ
アプリ画面のイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ