プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

高野山真言宗 総本山金剛峯寺

仏縁儀式「結縁灌頂」、高野山東京別院で4月5日~7日

2019年3月12日

総本山金剛峯寺

空海が唐から受け継いだ仏縁儀式「結縁灌頂」、高野山東京別院で4月5日~7日

総本山金剛峯寺(和歌山県)は4月5日から7日までの3日間、高野山東京別院(東京都港区高輪)で、空海が唐から受け継いだ仏縁儀式「結縁灌頂(けちえんかんじょう)」を開催します。従来は、春と秋の2回、高野山金剛峯寺のみで行われてきましたが、18年11月から東京別院での参加が可能になり、東京での開催は今回が2回目です。

結縁灌頂」とは、仏縁を結ぶ、真言密教の尊い儀式で、僧侶から一般人まで、男女を問わずだれもが参加できます。この儀式はおよそ1200年前、弘法大師・空海が32歳のときに、唐(中国)の都・長安の青龍寺で、金剛界(こんごうかい)・胎蔵界(たいぞうかい)の2つの世界の灌頂儀式を受けられました。その後、平安時代の1084年に、高野山にて結縁灌頂が始まったと伝わります。春には胎蔵界の仏、秋には金剛界の仏と縁を結び、心の迷いや不安を取り除いて再生をはかり、本来の清らかな心を開くための儀式です。

儀式の前には目隠しをされ、特別に伝授された「真言」(梵語を音写した仏の言葉)を唱え、「印」(真言を唱えるときに手で組む修法)を組み、シキミの葉(華)を持ちます。自分の前にいる人の背中に指先を当て、離れないようについて歩きます。曼荼羅の前につくと僧侶の指示に従い、シキミの華を投華(とうけ)。自分と縁を結ぶ仏が決まると、目隠しを外して灌頂に入ります。

4月5日(金)午前9時半からは、「結縁灌頂」に先立ち、庭儀結縁灌頂三昧耶戒(ていぎけちえんかんじょうさんまやかい)が行われます。受者を代表して、乞戒師が大阿闍梨より三昧耶戒を授かる儀式です。きらびやかな袈裟を身に着けた僧が「お練り」を行い、「声明(しょうみょう)」を唱えます。儀式の一部は、一般の見学が可能です。

■会 場:高野山東京別院(東京都港区高輪3丁目15-18 電話03-3441-3338)
http://www.musubidaishi.jp
電車:都営地下鉄浅草線「高輪台駅」より徒歩5分/京浜急行本線「泉岳寺駅」より徒歩10分/JR・京浜急行本線「品川駅」より徒歩12分
バス:都バス「高輪警察署前」下車、徒歩1分
■日 程:
4月5日(金)
0班12:20 1班13:00 2班13:40 3班14:20 4班15:00 5班15:40 6班16:20
7班17:00    
4月6日(土)
1班10:00 2班10:40 3班11:20 4班12:00 5班12:40 6班13:20 7班14:00
8班14:40 9班15:20 10班16:00 11班16:40
4月7日(日)
1班10:00 2班10:40 3班11:20 4班12:00 5班12:40 6班13:20 7班14:00
8班14:40 9班15:20 10班16:00 
※結縁灌頂は班ごとに行います。

■入檀料:事前予約申込(1名様)10,000円 当日申込(1名様)12,000円
■事前申込受付:2019年3月29日(金)まで
■電話予約:チケットぴあ予約 電話0570-02-9999(Pコード640-911)
■インターネット予約:チケットぴあ http://pia.jp/t(PC・携帯電話共通) 短縮URL http://w.pia.jp/t/t-koyasan-kechien
■店舗予約:全国のチケットぴあ店舗/セブン-イレブン(キャンセルについてはチケットぴあの規定に準ずる。)
■特設ホームページ:https://kekj.info

高野山東京別院
弘法大師 空海
高野山東京別院
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ