プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通とシンカ社、国際スポーツクライミング連盟主催大会の独占マーケティング権および一部放映権を共同取得

2019年3月12日

株式会社 電 通

電通とシンカ社、クライミング世界選手権を含む国際スポーツクライミング連盟(IFSC)主催大会の2019年~2023年までの全世界独占マーケティング権および一部放映権を共同取得

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)と株式会社シンカ※1(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:スージュン)は、国際スポーツクライミング連盟(以下「IFSC」)※2から、2019年から2023年の間に開催されるIFSC主催大会の全世界におけるマーケティング権および一部放映権(日本、アジア(中国および中東を除く)、オセアニア、中南米、カリブ)を共同取得しました。

 スポーツクライミング※3は2020年の東京オリンピック・パラリンピックで新たに選ばれた追加競技であり、今後当社、シンカ社とIFSCはスポーツクライミングの更なる世界的な普及を目指し、マーケティングプログラムを開発していく予定です。

※1 株式会社シンカ(http://www.synca.jp/
2013年からIFSCの日本における放送権のセールスパートナーであり、2018年から共同で権利を取得。

※2 国際スポーツクライミング連盟(IFSC : International Federation of Sport Climbing)
2007年設立された、世界のスポーツクライミングに関する最高決定機関。イタリアのMarco Maria
Scolaris氏が会長を務める。

※3 スポーツクライミング
ボルダリング・リード・スピードの3種目があり、2020年東京オリンピック・パラリンピックではこれら
3つを束ねたコンバインドが競技として選ばれている。

以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ