プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友生命保険相互会社

日本での「parkrun (パークラン)」 展開におけるパートナーシップ契約締結に関するお知らせ

2019年3月11日

住友生命保険相互会社
parkrun Global Ltd.

日本での「parkrun (パークラン)」 展開における
パートナーシップ契約締結に関するお知らせ
~a healthier and happier planet~

 住友生命保険相互会社(社長 橋本雅博、以下「住友生命」) は、英国の非営利団体parkrun Global(創始者Paul Sinton-Hewitt CBE、以下、「パークラングローバル」)とパートナーシップを結び、世界各国の多くの人々に親しまれている運動イベント「parkrun(以下、パークラン)」を日本国内で展開してまいります。あわせて、パークラングローバルは、一般社団法人parkrun Japan (以下、「パークランジャパン」)を設立し、パークランジャパンが日本国内のパークラン運営を行い、今後、関東圏をはじめ全国に展開してまいります。

 パークランは、毎週土曜日朝定時に行われる参加費無料の5kmのウォーキング、ジョギング、ランニングなどを行う運動イベントです。パークランには大人から子どもまで、どなたでも気軽に参加することができ、習慣的に集い楽しみながら運動する場となることで、人々の健康増進に寄与する取組みです。現在、パークランは世界20カ国、毎週1700か所以上で開催され、ウォーキング、ジョギング、ランニングを行う人々、そしてそれを支える運営ボランティアとして毎週30万人以上の人々が参加しています。また、2004年に発祥して以来、合計350万人の会員がこれまで4500万回のパークランに参加してきました。

 住友生命は、日本における唯一のオフィシャルスポンサーとして日本国内でのパークラン展開を全面的にサポートし、パークラングローバルのミッションのひとつである“a healthier and happier planet”をともに実現してまいります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903114083-O1-XOoYDGl7

パークラン創始者Paul Sinton-Hewitt CBEからのメッセージ
 パークラングローバルは、住友生命とパートナーシップを結び、日本でパークランを開始することを 光栄に思っております。我々と住友生命は互いに協力し、人々をより健康に、幸せなコミュニティを創成できるよう、ともに取り組んでまいります。

■「parkrun(パークラン)」とは
 パークランは、2004年に英国で、Paulが親しい友人と公園に集まり、5kmのランニングを土曜日朝に習慣的に行うことから始まりました。世界各国の開催においては、すべて熱心なボランティアたちにより運営され、毎回のパークランがスムーズに行われるよう努めています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903114083-O2-PsTzO8k3

今後、最新情報は随時以下のパークランジャパン公式HPにアップしてまいります。
パークランジャパン公式HP:https://blog.parkrun.com/jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ