プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人大正大学

3月12日(火)~4月14日(日)東京国立博物館にて重要文化財 大正大学本尊「阿弥陀如来坐像」一般公開

20190311

学校法人 大正大学

東京国立博物館にて重要文化財 大正大学本尊「阿弥陀如来坐像」一般公開
―2019年3月12日(火)~4月14日(日)、5月7日(火)~6月16日(日)―

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)本尊で重要文化財にも指定されている「阿弥陀如来坐像」は、8号館(礼拝堂)解体に伴い、2018年7月より約2年間は東京博物館に寄託しています。この度、3月12日(火)~4月12日(日)、5月7日(火)~6月16日(日)に東京国立博物館本館(日本美術)1階において、一般公開されることになりました。従来、本尊は大学の式典の時にだけ公開していたため、学外での一般公開は初の試みです。

■概 要
【日 程】2019年3月12日(火)~4月14日(日)
【会 場】東京国立博物館本館(日本美術)1階ジャンル別展示『彫刻』
【入場料】一般620円 ※大正大学の学生は、キャンパスメンバーズ制度で無料

■大正大学本尊「阿弥陀如来坐像」
 文治元(1185)年壇ノ浦の合戦の平家滅亡の際に、幼くして崩御された安徳天皇を弔うために作られたものと伝えられています。明治29(1896)年1月25日、大正大学の前身校のひとつである宗教大学のさらにその前身校である浄土宗学本校に対し、広島県厳島の浄土宗光明院26世荒谷隆徳師から寄贈されたものです。高さ84.5センチ、胸の前で説法印を結んだ坐像です。日本特有の良質なヒノキを使い、木造割矧造(わりはぎづくり)という技法でつくられ、像内は大きく内刳りされ、重さは約15キロほどです。昭和25(1950)年に重要文化財に認定されました。

「阿弥陀如来坐像」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ