プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人関西大学

関西大学がCOIL型教育を鮮明にする「VIRTUAL SESSION EVENT」を開催!

20190308

学校法人関西大学

~世界の学生と授業を共有する新たな学び場を創出~
◆関西大学がCOIL型教育を鮮明にする「VIRTUAL SESSION EVENT」を開催
米国のパートナー選びに役立つ新ツール「マッチングサイト」も開設

このたび関西大学グローバル教育イノベーション推進機構 (IIGE)では、COIL(オンライン国際協働学習)型教育の研修を行う拠点「VIRTUAL SESSION ROOM(バーチャル・セッションルーム)」を設置し、COIL科目のマッチングサイト「ImmerseU(イマーズ・ユー)」を立ち上げました。その幕開けとしてIIGEセミナー「VIRTUAL SESSION EVENT」を、3月15日(金)に千里山キャンパスにて開催します。

【本件のポイント】
・ウェビナー形式での研修の収録・実施が可能な「VIRTUAL SESSION ROOM」の設置
・日米双方の高等教育機関が提供するCOIL科目のマッチングを行うサイト「ImmerseU」を開設
・マッチングサイトやICTツールを活用し、活発なオンライン国際協働学習の組み立て方を解説

今回設置した「VIRTUAL SESSION ROOM」では、COIL教育のインフラを活用したウェビナー(オンラインセミナー)形式での研修が可能で、場所や時間の制約を受けずにノウハウを提供します。また、日米双方の高等教育機関が提供するCOIL科目のマッチングサイト「ImmerseU」も開設。COILに関心を持つ大学の規模や特性に見合った科目のマッチングが可能となるだけでなく、対面形式に加えウェビナー形式での研修が提供されることで、多層な交流機会が創出されます。これにより、科目担当者が初心者であっても学習成果が見込まれる授業デザインの構築が進み、COIL型教育実践のさらなる広がりが期待されます。

当日は新設した「VIRTUAL SESSION ROOM」から、日米の遠隔地よりウェビナーで参加する関係者にマッチングサイトの使用方法や授業で活用できるSNS等の利用方法等について解説します。

今年度、文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」でプラットフォーム構築を伴うCOIL型教育事業に唯一採択された本学では、2014年度から全国に先駆けてCOILに取り組んできた実績をもとに、国内外の大学と連携しながら、より大きな成果を共創することを目指しています。学内には、日米間のCOIL型教育実践を促進する基盤拠点として組織した「JPN-COIL協議会」の事務局「IIGE」を設置。IIGEでは、学内外におけるCOIL型教育メソッドの普及や授業実践における各種支援に努めています。

          <IIGEセミナー「VIRTUAL SESSION EVENT」概要>
【日 時】 3月15日(金) 
     [第1部] 11:00 ~ 11:45  [第2部] 12:00 ~ 12:45
     ※第1部、第2部は同内容

【場 所】千里山キャンパス 以文館1階 VIRTUAL SESSION ROOM
     大阪府吹田市山手町 3-3-35
     (阪急千里線「関大前」駅北出口から徒歩約 10 分)

【講演者】池田佳子 (関西大学国際部教授 IIGE副機構長)
     ドン・バイサウス (関西大学教育推進部特別任用准教授)
     エルヴィタ ウィアシー (関西大学KU-COILアシスタントコーディネーター)
     Matthew Hightower (CEO Class2Class)
     Veronica Onorevole (Senior Program Specialist ACE)

【備 考】
本学・他大学の教職員はウェビナーでの参加。
※メディアの方もウェビナーでの参加可。
使用言語はすべて英語。 

▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2018/No97.pdf

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。

画像1
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ