プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人中内学園 流通科学大学

「Startup Judgement~流科大版マネーの虎」でカフェ「cup of talk coffee」3月18日プレオープン

2019年3月7日

学校法人中内学園 流通科学大学

起業家育成に向けた、大学の新しい試み。
流通科学大学主催の「Startup Judgement~流科大版マネーの虎」※で、
現役学生の丸山いつ季さんが見事出資を獲得!
3月18日(月)、本学キャンパス内にカフェをプレオープンします。
※グランドオープンは4月予定

 学校法人中内学園 流通科学大学(所在地:兵庫県神戸市西区/理事長兼学長:中内潤※つくりの部分で門の中の字は玉。以下同様)が主催する「Startup Judgement~流科大版マネーの虎」では、熱意あふれる学生たちが、自らのアイデアを審査員(現役経営者)に向けてプレゼンテーション。毎年、会場は参加者の熱気に包まれます。
将来性や事業性、そしてプラン実現に向けた学生の熱意など、さまざまな視点での厳しい審査が行われる中、特に注目を浴びたのは、コーヒーショップ開業のプランを提案した、丸山いつ季さん(人間社会学部2年)。

 企画書の内容もさることながら、プレゼンテーションに臨む姿勢が素晴らしく、想定される質問に対する回答の事前準備も含め、伝えるべきことをしっかりと伝えるためのストーリーの組み立てが審査員(現役経営者)の共感を呼び、見事出資を獲得しました。
 そして、お客様一人ひとりの好みの味わいを見つけ提案・記録し、常に満足度の高いコーヒーを提供したいという想いから、本格的に起業を決意。現役経営者の方々からの具体的な事業化に向けた様々なアドバイスを受けながら準備を進めてまいりました。

○合同会社cup of talk coffeeとして起業へ
 丸山さんは起業後、来る3月18日(月)に本学キャンパス内にカフェ(店名:cup of talk coffee)をプレオープンいたします。※午後1:00以降は一般の方も入店可
 その後、本学キャンパス内での4月のグランドオープンを経た後、学外にも出店を検討中。(神戸市三宮近辺)
オープン後は本学キャンパス内で週に1日は営業し、コーヒーを通して人への想いが伝わり、お客様が喜びに満たされていく姿をお披露目していきたいとのことです。

 丸山さんは、とにかくコーヒーが大好き。アルバイト先のバリスタコンテストに出場し、関西2位になったこともあります。cup of talk coffeeという店舗のネーミングも、人それぞれに向き合い、その人にとって最高のコーヒーを提供したいという想いから生まれました。
————————-
「私がコーヒーに出会ったのは、大学生になってからです。元々、私にとってコーヒーは好んで飲むものではなかったのですが、ある出来事をきっかけに、コーヒーの魅力にはまり、今ではコーヒーを飲むことが生活の一部になっています。
そんなコーヒーの魅力をもっと沢山の方々に知って頂きたいという思いが強く、このようなコンセプトを考えました。また、このカフェをコミュニティの場として、人と人との関わりをもっと大事にしていきたいという思いもあり、名前の一部にtalkという単語を入れました。
cup of talk coffeeに来てくださったみなさまに最高の一杯と最高の場をお届けしたいです。」丸山いつ季
————————-
“あなたのコーヒーがまた飲める”
2019年3月18日(月)、そんな気持ちにさせてくれる本当においしいカフェが、流通科学大学のキャンパス内にプレオープンします。

※「Startup Judgement~流科大版マネーの虎」とは…
 流通科学大学では、起業や事業承継を志す学生に向けて、中内潤理事長兼学長による起業家精神とノウハウを学び取る「起業・ベンチャー型事業承継者育成プログラム」を行っています。

 その一環として毎年2回(5月・10月)に本学キャンパス内で開催されている「Startup Judgement~流科大版マネーの虎」では、学生たちが現役の経営者から直接、アドバイスや評価を受けることで、将来の起業・事業化に向けて必要なノウハウ・考え方を蓄積することを目指しています。また優秀な提案・アイデアについては、審査員が投資家となり、事業化に向けて具体的な出資・投資を獲得することができます。

・審査員は現役経営者(食品系・IT系・広告系・建築不動産系・印刷系等)と税理士、銀行員。
・審査の結果を受け「創志塾スタートアップ・ファンド」(理事4名・監事1名)の理事会にて投資判断。
・いままで審査を行った15案件のうち2案件の投資を決定。
・今回リリースしたcup of talk coffeeとは別に、洋菓子メーカーとのタイアップを含む愛媛のイチゴのブランド化・商品化が進行中。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ