プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

セルスター工業株式会社

既存のバックカメラを使って前後録画ができるドライブレコーダーに!セルスター工業より発売

3月6日水曜日

セルスター工業株式会社

既存のバックカメラを使って“危険運転・あおり運転”に対処!
「前後録画」ができるドライブレコーダーに!
セルスター工業が「CS-31F」を2019年3月より新発売!

自動車関連エレクトロニクス製品の開発・製造・販売を主業務とするセルスター工業株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:勝永 直隆)は、既存のバックカメラを使って前後録画が出来るドライブレコーダー「CS-31F」を、2019年3月より発売します。

▽「CS-31F」は、トラック関係をはじめユーザーの方々や販売先各社から“バックカメラの映像を録画できるタイプも作って欲しい”という要望に応えた製品。前方に設置する本体と併せて前後の録画を可能にし、最新の画像技術を始め、安全運転支援機能にも対応した新機能を搭載したドライブレコーダーです。
ドライブレコーダーは事故があった時の記録ではなく、「危険なあおり運転」に対処することも大切です。セルスター工業は、「ドライブレコーダー、という愛情があります」という想いを込めてドライバーの「安心」「安全」をサポートする製品を作り続けています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903053883-O1-7b5521Zu
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903053883-O2-Y12UcL8Y
CS-31F 既存のバックカメラを使って前後録画できるドライブレコーダー 3年保証 国内自社工場生産。

<新商品「CS-31F」の主な特徴>
●既存のバックカメラと接続して後方を録画します。
・・・RCA端子があれば、前後の取付もらくらく!
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903053883-O7-6OaJftRF
*後ろに別体のカメラを設置するのが難しい車や、最初からバックカメラを設置するトラックに最適な製品です。

●ドライブ中の危険なエリアを警告音と画面表示で事前におしらせ
GPSおしらせ機能として、高速道路上の逆走が発生しやすいエリアや事故多発エリア、ゾーン30などドライブ中の危険なエリアを事前におしらせします。

●STARVIS採用で夜間も綺麗に撮れるナイトビジョンVer.2
SONY製 Exmor R CMOSセンサー採用のSTARVISモデルだから、夜間・トンネル内など光量の少ない場所
でも、高画質でノイズの少ない鮮明な映像を記録できます。 
*STARVISTMは、ソニー(株)の商標です。

●microSDカードのメンテナンスフリー
設定した録画画質によってmicroSDカードにセルスター独自のファイルシステムが適用されます。このシステムでは録画
ファイルの断片化を無くし、エラー発生率を低減するので定期的なフォーマットが不要です。

●国内自社工場、自社生産による日本製で「安心の3年保証」
 製品開発、設計、生産から品質管理まで、セルスターだからできる、技術に裏打ちされた確かな品質、
すべて国内の自社工場で行なっています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903053883-O4-0N10a168

<製品概要>
・品名:ドライブレコーダー「CS-31F」
・希望小売価格:オープン
・[販売方法/販売店情報]:カー用品店、契約代理店、ネット販売、等
・発売日:2019年3月発売
・「CS-31F」についての詳細はこちら:
https://www.cellstar.co.jp/products/recorder/cs/cs-31f.html

セルスター工業株式会社
https://www.cellstar.co.jp/
〒242-0002  神奈川県大和市つきみ野7-17-32
TEL:046-273-1100(代) FAX:046-273-1106
☆関連リンクURL:https://www.youtube.com/watch?v=mYLWVl0KX8Y
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201903053883-O8-v52BOV97
※本ニュースリリースに記載された内容は掲載現在のものです。その後変更される場合があります。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ