プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ウィン・リゾーツ・リミティッドPR事務局

ウィン・リゾーツ、日本でのIR開発に向けて日本事務所を設立

2019年3月5日

ウィン・リゾーツ・リミテッド

ウィン・リゾーツ、日本でのIR開発に向けて日本事務所設立
日本のパートナーとのより密な連携を目指す

 ウィン・リゾーツは、昨年12月にWynn Resorts Development Japan合同会社を設立しました。それに続き、2019年夏に、東京丸の内に初の日本での事業拠点として、日本事務所を設立いたします。今回の法人と事務所設立により、日本の優良企業や地域と連携を強化し、日本独自のIR開発・運営に向けて腰を据えて取り組んでまいります。

 ウィン・リゾーツのCEOであるマット・マドックスは次のように述べています。

 「私たちは、日本政府や各自治体が日本型IR開業にあたり、熟慮を重ねていることを認識しています。自治体からの要望に応じて情報を提供し、提案書を作成していくことはIR事業者の重要な責務です。今回の日本法人とオフィス開設により、今まで以上に適切な情報提供が可能となると考えています。」

 Wynn Resorts Development Japan合同会社代表のクリス・ゴードンは次のように述べています。

 「ウィン・リゾーツは、これまで米国本社において日本型IRの開発・運営に携わる人員を増強してきました。今夏の日本オフィス開設を機に、日本における陣容を拡充し、自治体や企業様と連携を強化していければと考えております。私たちは、IRの設計、開発、運営において長年にわたるノウハウを有しており、日本のパートナーと協力することで、素晴らしい日本型IRを作り上げることができると考えております。」

 なお、日本事務所の住所は以下の通りとなります。
〒 100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル 21階

以上

ウィン・リゾーツについて
ウィン・リゾーツ・リミテッドはナスダック・グローバル・セレクト・マーケットに「WYNN」のシンボルコードで上場しています。同社はまたS&P500指数を構成している企業の1つです。ウィン・リゾーツは、ウィン&アンコール・ラスベガス( www.wynnlasvegas.com )、ウィン・マカオ( www.wynnmacau.com )、ウィン・パレス・コタイ( www.wynnpalace.com )を所有・経営しています。

ウィン&アンコール・ラスベガスは、2つの高級ホテルタワーに合計4,750の客室、スイートおよびヴィラ、約192,000平方フィートの広さを持つカジノ・スペース、有名シェフによる22のレストランや11のバー、受賞歴ある2つのスパ、290,000平方フィートの広さを持つ会議室、約106,000平方フィートの小売店舗スペース、2つのショールーム、3つのナイトクラブと1つのビーチクラブを備えています。世界に名だたる高級ブランド、コンテンポラリーブランド、ライフスタイルブランドがテンポを構える、ラスベガス・ストリップに面する高級小売店舗ウィン・プラザを開業しました。

ウィン・マカオは、中華人民共和国マカオ特別行政区にある高級ホテルとカジノリゾートで、2つの高級ホテルタワーに合計1,008の広々とした客室とスイート、約273,000平方フィートの広さを持つカジノ・スペース、8つのカジュアルおよび高級レストラン、約31,000平方フィートの会議室、約59,000平方フィートの小売店舗スペース、2つの豪華なスパ、1つのサロン、円型劇場を含むレクリエーションとレジャー施設を備えています。

ウィン・パレスはマカオにある豪華な統合型リゾートです。植物をテーマにしたリゾート施設で、合計1,706の優美な客室、スイートおよびヴィラ、約420,000平方フィートの広さをもつカジノ・スペース、飲食店11店舗、約37,000平方フィートの会議室、約106,000平方フィートのブランドショップ、8エーカーの広さのパフォーマンス・レイクの上を渡るスカイキャブ、多くの稀少な美術品、1つの贅沢なスパ、1つのサロンを含むレクリエーション・レジャー施設を備えています。

現在、ウィン・リゾーツはエバレット市(米国のマサチューセッツ州)に、新たなリゾート施設「アンコール・ボストン・ハーバー」を建設しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ