プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

ETロボコン2019北陸地区実施説明会開催 3月24日(日)長野県上田市

2019年3月2日

金沢工業大学

ETロボコン2019北陸地区実施説明会 開催
参加者募集!
2019年3月24日(日)14:00~16:00
長野県上田市中央2-5-10丸陽ビル1階まちなかキャンパスうえだ

組込みシステム分野における初級・若手人材育成を目的に行われているETソフトウェアデザインロボットコンテスト(愛称:ETロボコン、主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会)は、今年も、北陸地区大会を開催することとなりました。
 ETロボコンは、2002年にUMLロボットコンテストとしてスタートし、今年で通算18回目の開催となります。地域での組込みソフトウェア人材育成の盛り上がりを支援しようと地区大会を開催しており、今年は①北海道、②東北、③北関東、④東京、⑤南関東、⑥東海、⑦北陸、⑧関西、⑨中四国、⑩九州北、⑪九州南、⑫沖縄の12地区にて開催します。各地区大会の優秀チームは、11月20日~ 21日に開催されるチャンピオンシップ大会(パシフィコ横浜、組込み総合技術展ET2019併催)に出場します。
 北陸地区大会は今年で10回目の開催となります。北陸地区の組込みソフトウェア技術者・学生の育成を支援し、北陸地区の組込み産業の発展に貢献することを目指しています。実施説明会への参加をご検討いただけると幸いです。
※ETロボコン出場に際し、実施説明会への参加は必須ではありません。
–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –
ETロボコン2019北陸地区実施説明会
◆ 日時:2019年3月24日(日) 14:00~16:00 (13:30受付開始)
◆ 場所:長野県上田市中央2-5-10  丸陽ビル1階 まちなかキャンパスうえだ
     地図  http://www.city.ueda.nagano.jp/shisetsu/ueda/shogaibunka/74.html
◆ 参加費:無料
◆ 対象:高校生以上
◆ 想定参加者:
・企業におけるソフトウェア開発技術教育としての参加
・ソフトウェアエンジニア同士での技術力向上へのチャレンジ
・大学におけるソフトウェア・エンジニアリング教育としての参加
・高校・高専・専門学校等におけるコンピュータ、ソフトウェア技術教育としての参加
◆ 説明会内容:ETロボコン2019概要・方針、 競技・審査内容について、参加方法、開発方法など
 ※ ETロボコン2019仕様・ロボット走行体のデモンストレーションを行います。
◆ 参加申込方法:ETロボコン2019ホームページ 実施説明会ページにて登録
   https://www.etrobo.jp/entry-briefing/
–  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –  –
     
■■■ お問い合せ先 ■■■
ETロボコン北陸地区実行委員会・事務局  担当:平野
〒921-8501石川県野々市市扇が丘7-1 
金沢工業大学プロジェクト教育センターチャレンジラボ運営室
TEL.076-294-6534/FAX.076-294-6536/e-mail. etrc-chiku-hkr@etrobo.jp

●「ETロボコン」とは? (ETソフトウェアデザインロボットコンテスト 愛称:ETロボコン)
日本の産業競争力に欠くことのできない極めて重要な「組込みシステム」分野における技術教育をテーマに、レゴ マインドストームの車体で決められたコースを自律走行する競技です。同一のハードウェア(車体)のもと、UML等で分析・設計したソフトウェアの技術を競うコンテストです。  
※UML(Unified Modeling Language)
企業エンジニアを含めたオープン参加型の、ソフトウェアを競うロボコンで、各企業団体との連携協力により開催されます。2002年UMLロボットコンテストとして始まり、2005年よりETロボコンと名称を変え、今年で通算18回目の開催となります。

◆競技内容
・ロボット走行システムのソフトウェア設計モデル内容の審査
・ロボット走行レースやゲーム、ロボットを用いたテーマフリーのパフォーマンス

競技の模様
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ