プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人徳島新聞社

【徳島新聞電子版】本日より登録&サービス開始 スマホやパソコンで徳島新聞

2019年3月1日

一般社団法人徳島新聞社

【徳島新聞電子版】本日より登録&サービス開始 スマホやパソコンで徳島新聞

一般社団法人徳島新聞社(徳島県徳島市、理事社長 米田豊彦)は、スマートフォンやパソコン、タブレットで徳島新聞が読める会員制サービス「徳島新聞電子版」を、平成31年3月1日(金)より、サービスおよび登録開始をいたしました。
 スマートフォンの普及によりライフスタイルが変化するなか、新たな方法でニュースを提供することで、読者の方々により便利に、もっと徳島のことを知っていただこうと考えています。

電子版の特徴は、朝刊紙面イメージで過去30日分が読める紙面ビューアーや、過去3ヶ月~の記事検索などで、忙しい毎日を送る方には、外出先や休日に最新情報をチェックしていただいたり、連載や特集などをまとめて読んでもらうことも可能になります。

プランは、個人向けは、新聞宅配とデジタルサービスのセット「電子版併読プラン」(徳島県内限定)972円(税込)+新聞購読料(税込)、デジタルサービス単体「電子版単独プラン」3,888円(税込)、午前5時~翌日午前5時を1回とする「ワンタイムプラン」1,080円(税込)。企業・団体向けはプレスリリース配信サービスがついた「法人プラン」5,400円(税込)となっています。

朝刊、夕刊宅配、電子版を通じて、徳島県民の方々に徳島のことをより深く、多く知っていただき、徳島の活性化に寄与したいと考えています。

【徳島新聞電子版】
・サービス開始:平成31年3月1日(金)
・登録開始:平成31年3月1日(金)
<特徴>
1:過去30日分の朝刊紙面ビューアー
2:過去3ヶ月分~のWEB掲載記事検索
3:速報やメールマガジン、電子版オリジナル記事
<料金プラン>
・電子版併読プラン(徳島県内限定)972円(税込)+新聞購読料=新聞宅配とデジタルサービスのセット。新聞紙面に加え、チラシや阿波っ子タイムズ、さららの宅配があります。
・電子版単独プラン3,888円(税込)=デジタルサービス単体
・ワンタイムプラン1,080円(税込)=午前5時~翌日午前5時を1回とするサービス。ブラウザ版のみ提供
・法人プラン5,400円(税込):企業・団体向け。電子版+プレスリリース配信サービス

◇サービス案内:https://www.topics.or.jp/list/denshiban/about

◆サービスのお問い合わせは
・電子版併読プラン:お近くの徳島新聞販売店またはHPにてご確認ください
・その他のプラン:HPにてご確認ください

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ