プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本グリーンパックス株式会社

創業から半世紀を経て初の試み、企業理念の具現化を目指し社名の変更を決定

2019年2月28日

日本グリーンパックス株式会社

創業から半世紀を経て、初の試み
企業理念の具現化を目指し、社名の変更を決定

 日本グリーンパックス株式会社(本社:京都府長岡京市、代表取締役:山中利一)は、2019年5月16日付(予定)で社名を「株式会社G-Place」に変更いたします。なおこの度の社名変更は、1968年の創業以来、当社として初の試みとなります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O8-d2g8H1iY

■ 社名変更の経緯と目的

 新社名は、Growing(育つ)、Gathering(集う)、Generating(生み出す)のためのPlace(場)という意味で、「社員が仕事の中にやりがいを見出して成長し、相互に発展を目指す取引先やパートナーが集い、より良い未来を創ることに貢献する独自事業を生み出していく」という、当社の理念そのものを表すものです。
 当社は、昨年2018年に創業50周年を迎えました。この大きな節目に、企業理念を社名として掲げることで、この理念を追求していくことを日々の課題として自らに課し、心機一転新たなスタートをきることを決定しました。
 なお、社名変更予定日である5月16日は当社の設立記念日です。この度の社名変更が決してゼロからのスタートではなく、これまでの50年の歴史という土台の上に新しい社名で新しい歴史を築いていく、という意思から、この日を新社名での営業開始日としています。

■ 変更内容

旧社名 : 日本グリーンパックス株式会社
新社名 : 株式会社G-Place(読み仮名 ジープレイス)
新社名英語表記 :G-Place Corporation
変更予定日 : 2019年5月16日(当社設立記念日)

※本社を始めとする各所在地および電話番号・ファックス番号、代表者、資本金などについては、変更ありません。

■ 当社の歴史

 G-Placeの前身となる日本グリーンパックスは、戦後の高度経済成長で工業化が進み大気汚染が大きな問題になっていた1960年代、まさに大気汚染防止法が成立した1968年に創業しました。ごみの収集および焼却処理の効率化・衛生化を目指し、紙袋を使った新しい廃棄物収集処理の仕組みを地方自治体に提案する事業をスタートします。そして、1970年に開催されたExpo‘70(大阪万博)の会場でこの仕組みが採用されたことを機に、同事業が全国に展開しました。
 以降、日本の経済発展に伴って環境問題をはじめとする様々な課題が顕在化するようになり、安心・安全を求める人々の活動や運動が起き、同時に法律や制度の整備が進みました。そのような中で当社は、社会からの要請に応える事業を幅広い分野で開発し、現在では6つのカテゴリーで多岐に渡る商品・サービスを提供しています。

■ 新社名ロゴとデザインコンセプト

新社名のロゴは、横バージョンと縦バージョンの2種類があります。

横バージョン 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O1-4njoj0nm
縦バージョン 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O3-ql002JQG

ロゴデザインコンセプト① 全体のデザインモチーフ
・「場」という概念を表現する最小要素として、四角形を設定
・縦にも横にもつながって比率も自由に変えることができる長方形で、成長性や活躍の場の広がりを表現

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O4-cNkA7c80

ロゴデザインコンセプト② Gのデザイン
・「場」を区切る線が扉のように開くことで、Gになるデザイン
・人が集まってくる場、そしてここから新しい事業が生み出されていく場であることを表現

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O5-SL18FrT3

ロゴデザインコンセプト③ Placeのデザイン
・ところどころすき間を空けることで、何かが生み出されていく予感と、これからへの期待感を表現
・下のラインを直線で揃え、地に足のついた印象を表現

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O6-U6XtIUaA

ロゴデザインコンセプト④ 色
・若々しさや成長性を感じさせる青竹色を採用
・前身である日本グリーンパックスから、「みどり」という色を継承

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902273649-O7-a9dNxrF1

 なお、新社名のロゴは、デザイン会社 株式会社ミンナ(https://minna-design.com/) に委託して作成しました。

<日本グリーンパックス株式会社について>
当社は、「アイディアで未来をつくる、創造総合商社」を掲げ、様々な分野で独自性のある商品・サービスを提供する商社です。1968年の創業から一貫して、全国自治体のごみ減量促進を支援しています。また、再生可能エネルギーに関する資材や再生樹脂製品の販売、天然由来成分のオリジナルコスメ・雑貨の企画販売などを行っています。さらに海外にも拠点を設け、積極的に事業を展開しています。(日本グリーンパックス株式会社ウェブサイト:https://www.greenpacks.co.jp/

■この件に関するお問い合わせ および 画像データ等のご用命
日本グリーンパックス株式会社
東京支社:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26 浜町京都ビル3階
Tel 03-3663-8745 / Fax 03-3639-8744
担当:上山(かみやま)
e-mail: kamiyama@greenpacks.co.jp

<掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。>

G-Placeロゴ(横バージョン)
G-Placeロゴ(縦バージョン)
ロゴデザインコンセプト①
ロゴデザインコンセプト②
ロゴデザインコンセプト③
ロゴデザインコンセプト④
社名をG-Placeに変更します
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ