プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイキン工業株式会社

BIMベンダーのNYKシステムズと業務提携

2019年2月26日

ダイキン工業株式会社

BIM対応CADソフトとの連携を強化し、空調設備設計ソリューションを推進
BIMベンダーのNYKシステムズと業務提携

ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長兼CEO:十河政則。以下ダイキン)は、コンピュータ上に建物の3次元モデルを構築し、建築ライフサイクル全体の情報を一元管理するBIM(Building Information Modeling)※に対応した建築設備CADソフトを開発・販売する株式会社 NYKシステムズ(本社:東京都中央区、代表取締役:渡辺洋一郎。以下、NYKシステムズ)と、空調設備設計や運用管理の効率化を図るシステムの共同開発ならびにソフトウェアの販売について協業することで合意しました。

昨今、建設業界では人手不足により設計者や施工者の負担が増加するなか、データ上での不整合チェックによる手戻り減少や、物件に携わる関係者間での正確で素早い合意形成など業務の効率化や高度化に繋がるBIMが設計事務所や建設会社、設備工事会社等で普及し始めています。BIMは建物設備に関するデータを統合して管理できるため、業務の効率化を進めるなかで、今後さらに重要性は高まり普及が進むとみられています。またBIM対応の建築設備CADソフトは、建築・設備データベースとして、従来の作図用途だけではなく、その活用領域を拡大しつつあります。空調の設備設計からエンジニアリング、施工、運用管理、保守メンテナンスまでの「空調バリューチェーン」においても、上流の設計やプレゼンテーションは勿論のこと、現場の施工管理や、建物竣工後の設備管理データベースとしての活用が考えられます。

そのなかで、ダイキンは空調機器の販売や保守サービスだけでなく、自社の持つ空調設備設計のノウハウを活用し、建築設備CADソフト『FILDER』や、BIMと連携したクラウド型空調設計支援システム『DK-BIM』など、設備設計業務の効率化を図るシステムの開発と提供を行ってきました。

このたび、BIM対応システムにおける高い技術力・商品力を持ち、大手建設会社を中心に建築設備CADソフト『Rebro』の販売を伸ばしているNYKシステムズと協業することにより、空調機のデータとBIMデータとの連携をスムーズにできるシステムの開発を進め、設備設計や管理を統合的に支援できるIT環境づくりを進めます。NYKシステムズの設備設計CADソフトは、3次元のデジタルモデルをベースとした豊富なシステム連携機能を有しており、BIMを活用した設計・施工物件で数多く利用されています。

本協業により、建設設備会社、管理会社、建物オーナー等 の業務効率化による生産性向上を目指し、BIMを活用した空調設備設計ソリューションを推進していきます。

※:コンピュータ上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理に至るまでのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューション

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ