プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人立教学院

【立教新座中高】サッカーグラウンドをJFA認定人工芝に全面改修 3/9招待試合開催

2019年2月26日

立教学院

立教新座中学校・高等学校のサッカーグラウンドを
JFA認定人工芝に全面改修
― 3月9日 こけら落とし招待試合開催 ―

立教新座中学校・高等学校(埼玉県新座市、校長:村上和夫)は、校内のサッカーグラウンドを全面人工芝にリニューアルし、2019年3月より利用を開始します。また、同9日(土)には、こけら落としとして武南高等学校サッカー部(埼玉県蕨市)を招き、立教新座高等学校サッカー部との練習試合を開催します。

敷設する人工芝は、日本サッカー協会(JFA)や国際サッカー連盟(FIFA)に品質を認められたもので、敷地面積は、9138.2 平方メートル。ピッチサイズはJFAの主催する大会で原則として使われる105×68メートルです。また、埋め込み式のコーナーフラッグと、ベンチには十分な日除け効果が得られる幅広のシェルター(庇)を設置します。
従来の土のグラウンドでは、降雨時の状態回復に時間がかかり使用できなかったり、強風時には砂ぼこりが舞ったりと、天候による弊害がありましたが、今回の改修により排水性が高まり、雨上がりにもすぐに使用できるようになります。また、キックやドリブル、スライディングがしやすくなり、転倒時の擦過傷を軽減する効果もあります。
2018年6月には、高校サッカー部が55年ぶりに関東大会に出場。練習環境の改善により、中学、高校ともに、より一層の活躍が期待されます。

■招待試合概要
日時:2019年3月9日(土)13:00~
場所:立教新座中学校・高等学校サッカーグラウンド(埼玉県新座市北野1-2-25)
試合:立教新座高等学校サッカー部 VS 武南高等学校サッカー部

■立教新座高校サッカー部の近年の実績
2018年6月 インターハイ埼玉県予選 第3位
2018年6月 関東大会出場
2018年4月 関東大会埼玉県予選 準優勝(関東大会出場権獲得)

リニューアル後のイメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ