プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

信金中央金庫

中小・零細企業へのキャッシュレス決済の普及が加速(信金業界のOrigami加盟店申込数が月内にも3万社に)

平成31年2月25日

信金中央金庫

中小・零細企業へのキャッシュレス決済の普及が加速
~信用金庫業界のOrigami加盟店申込数が月内にも3万社に到達~

 信金中央金庫(理事長:柴田弘之)では、キャッシュレス決済の普及を通じた地域の活性化を図るため、平成30年9月に株式会社Origamiと資本・業務提携を実施し、全国の信用金庫(※1)とともに同社が提供するスマホ決済サービス「Origami Pay」の普及を進めております。

 信用金庫の働きかけにより、加盟店として「Origami Pay」の導入の申込みを行った中小・零細企業数は、今月中にも3万社(※2)に届く見通しです。
 これは、コンビニエンスストアなど、大企業のチェーン店を中心にキャッシュレス決済の普及が進むなか、課題となっている地域の中小・零細企業への普及促進に向けて、信用金庫業界が地域密着の金融機関として、積極的に推し進めているものです。

 また、消費者の利用の拡大に向けて、信用金庫の預金者向けのサービスの開発・提供も進めております。
 具体的には、平成31年6月をめどに、「Origami Pay」の決済口座として全国の信用金庫の口座を利用できるようにシステム開発を進めているほか、同年9月をめどに、信用金庫業界のバンキングアプリに「Origami Pay」の決済機能を搭載し、「しんきん Origami Pay(仮)」として、提供を開始する予定です(※3)。
 信金中央金庫では、引き続き、株式会社Origamiや全国の信用金庫と連携し、キャッシュレス決済の環境整備や地域特性に応じたビジネスモデルの構築を通じて、地域活性化を推進してまいります。

※1 平成31年2月25日現在、258金庫が同社との業務提携を申し込んでおります。
※2 信用金庫が本格的な取組みを開始した平成30年11月から約4か月間の実績値です。
※3 信金中央金庫子会社の株式会社しんきん情報システムセンターが開発いたします。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ