プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

【機能追加】「Remote TestKit」がiPhoneの全画面スクリーンショットに対応

2019年2月25日

NTTレゾナント株式会社

クラウド型検証サービス「Remote TestKit」新機能
iPhoneの全画面スクリーンショットに対応
https://appkitbox.com/testkit/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、クラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモートテストキット)」(*1)において、iPhoneの全画面スクリーンショット機能を本日より提供開始します。これにより、iPhoneを検証する際に表示画面ごとにスクリーンショットを撮る手間がなく、全画面でのスクリーンショットが簡単に撮れます。
また、併せて、2018年12月より提供しているテスト操作の自動録画機能を拡充し、本日より動画の共有に対応したことをお知らせします。

1. iPhoneの全画面スクリーンショット機能
 iPhoneに標準で搭載されているスクリーンショット機能では、表示画面内に収まる範囲しか撮れません。そのため、スマートフォンアプリやWebページの全画面スクリーンショットを撮るには、画面を少しずつずらし分割して取り込み、結合させる方法や、専用アプリを用いて撮るなど、工夫や手間が必要になります。
 「Remote TestKit」では、機種別の利用時間トップ10にiPhoneシリーズが6機種占める(集計期間:2018年4月1日~2018年9月30日)など、iPhoneを使った検証ニーズが高い傾向にあります。加えて、検証作業時には、画面表示の確認や検証報告書への記載など、画面最上部から最下部までのスクリーンショットを撮るシーンが多いため、iPhone端末における全画面スクリーンショット機能を導入してほしいという要望は多くのユーザーから寄せられていました。
この要望を受け、本日よりiPhoneの全画面スクリーンショット機能を提供開始します。(イメージ1)

【利用方法】
ブラウザ経由及び専用ソフト経由での利用時に、端末操作画面のメニューから全画面スクリーンショットが撮れます。

【対応機種】
端末:iPhone 6s以降
OS:  iOS 10.3以降
※一部対象とならない機種とOSの組み合わせもございます。
※Android搭載のスマートフォンは既に対応しています。

2. 自動録画機能の拡充
 「Remote TestKit」では、2018年12月より、テスト実施時の全ての操作を自動的に「静止画」と「動画」で記録する機能を提供しています。提供開始時は、記録した「静止画」をエクスポートし、保存・共有する機能のみに対応していましたが、本日より、要望の多かった「動画」をエクスポートし、保存・共有する機能にも対応しました。これにより、検証作業の効率化に貢献します。(イメージ2)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902253473-O2-S4Z4a6s9
イメージ1:全画面スクリーンショット

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902253473-O3-1xv78Qzn
イメージ2:操作履歴一覧から、任意の範囲を選択し動画が共有できます。動画はブラウザで確認可能。

(*1)「Remote TestKit」(https://appkitbox.com/testkit/)
 「Remote TestKit」は、スマートフォンアプリやスマートフォン用Webサイトをクラウド上で検証することができる、開発者支援サービスです。利用者は実機を購入する必要がなく、クラウド上で約500機種以上のスマートフォン・タブレット端末の動作検証をすることができます。また、Appiumを使った自動テストクラウドや複数端末の同時操作など、開発者を支援するさまざまな機能があり、検証担当者の負担を軽減します。

※ 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

                                                                以上

Remote TestKit ロゴ
イメージ:全画面スクリーンショット
イメージ:操作履歴一覧から、任意の範囲を選択し動画が共有できます。動画はブラウザで確認可能。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ