プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人大正大学

【3/11(月)開催】シンポジウム「フィールドから学ぶ産学官協働 3大学地域人材育成プロジェクト」

20190225

学校法人 大正大学

「フィールドから学ぶ産学官協働 3大学地域人材育成プロジェクト」
内閣府事業に参加した学生も登壇する活動報告シンポジウムを開催
―2019年3月11日(月)14:30~17:00-

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) は、内閣府が推進する地方と東京圏の学生対流促進事業(※)に採択された「フィールドから学ぶ産学官協働 3大学地域人材育成プロジェクト」の活動報告シンポジウムを開催いたします。
このシンポジウムでは、活動内容の報告とともに、大学生の取組みが地域・社会に与えるインパクト、大学生が地方と東京圏を対流することによる地域創生の実現、東京圏・地方大学の担うべき役割について議論します。
また、このような動きに対しての社会ニーズについて考え、次のアクションを導く契機とします。
※地方への若者の流れを促進するため、大学生が地方圏と東京圏を相互の対流・交流する取組を促進する内閣府事業。

■シンポジウム詳細
テーマ:内閣府 地方と東京圏の大学生対流促進事業
「フィールドから学ぶ産学官協働 3大学地域人材育成プロジェクト」活動報告シンポジウム
日 程:2019年3月11日(月)14:30~17:00(受付13:45~)
会 場:アルカディア市ヶ谷(私学会館) 3階 富士の間
主 催:大正大学、島根大学、静岡産業大学 ※主催事務局:大正大学
後 援:内閣府(申請中)、藤枝市、益田市、豊島区(申請中)
日本政策金融公庫 池袋支店、第一勧業信用組合、近畿日本ツーリスト関東
CT-KNTホールディングス

■概 要
13:45  受付開始・開場
14:30  あいさつ
14:35  第Ⅰ部 学生活動報告
1) 東京-大正大学 / 静岡産業大学(情報学部 4年  豊島優)
2) 藤枝市-静岡産業大学 / 大正大学(地域創生学部 3年 奈良航・谷野雄三)
3) 益田市-島根大学 / 大正大学(地域創生学部 3年  刈部亮)
4) 総評

15:20  第Ⅱ部 基調講演
1) 大正大学 地域構想研究所 客員教授  首藤 正治(前 宮崎県延岡市長)
   「学生の対流が生み出す新たな価値の可能性 ~ 自治体の首長の視点から~」(仮題) 
2)大正大学 地域構想研究所  教 授  浦崎 太郎
   「地域と学校と大学がつくる地域人材」(仮題) 
15:50  休憩
16:00  第Ⅲ部 パネルディスカッション
ファシリテーター:学校法人大正大学専務理事/大正大学地域構想研究所副所長 柏木正博
登 壇 者       堀川知廣(静岡産業大学 副学長)
         鹿住大助(島根大学 教育・学生支援機構 教育推進センター准教授)
         首藤正治(大正大学地域構想研究所客員教授・前延岡市長)
         大畑伸幸(益田市ひとづくり推進監)※テレビ会議参加
         天野浩志(藤枝フィールドコーディネーター)
16:45  終わりに
17:00  終了

■参加方法
専用フォーム「https://www.tais.ac.jp/utility/tairyu/」よりお申し込み下さい。
申込み締切日:2019年3月5日(火)

■シンポジウムについてのお問い合わせ先
大正大学 対流事業推進事務局(学長室企画調整課内)
東京都豊島区西巣鴨3−20−1
TEL:03-5394-3032 FAX:03-5394-3068
E-mail:tais-tairyu@mail.tais.ac.jp

【藤枝】長期対流促進事業での活動の様子
【益田】長期対流促進事業での活動の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ