プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アップルジャパン合同会社

Beats by Dr. Dre、BeatsXイヤフォンの新色「スカイブルー」を本日発売開始

2019年2月22日

Apple Japan

Beats by Dr. Dre、BeatsXイヤフォンの新色
「スカイブルー」を本日発売開始
DAOKOを起用したキャンペーン動画
『ワタシたちが、新色。』も同日公開

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902213407-O1-3805A2AN
「BeatsXイヤフォン スカイブルー」
希望小売価格: ¥11,800(税別)
発売日:2019年2月22日(金)
販売店:アップルストア、Apple Online Store、Beats正規販売店

Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ 以下、Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。Beatsは、「BeatsXイヤフォン」の新色「スカイブルー」を2月22日(金)から発売します。また、新色の発売を記念して、新生活 をテーマにしたキャンペーン動画「ワタシたちが、新色。」も同日公開します。本キャンペーン動画は、TVCMとして2月25日(月)より東京と大阪で放映します。

女性がさらに力強く、自信に満ちあふれ、恐れずに自分らしさを表現する時代を迎えようとしています。その勇気を称えて、今回のキャンペーン動画では、日本の次代を担う、才能あふれる女性たちを起用しました。その中心となるのは、新世代のラップシンガーとして注目を集めるDAOKOです。その他、キャンペーン動画には、西村碧莉(スケーター)、庄司夏子(シェフ)、勝海麻衣(銭湯絵師・モデル)、金原亭乃ゝ香(落語家)、IBUKI(BAD QUEEN、ダンサー)を起用しています。また、ウェブ限定の60秒版には、先のメンバーに加えてヨシダナギ(フォトグラファー)が出演しています。

■キャンペーン動画出演に寄せて、DAOKOからのメッセージ
「あたらしいあさがくる
新陳代謝を繰り返して
あたらしい自分と出会う
大切な音だけ聴こえてくるように
私生活の一部として」

キャンペーン動画には、「BeatsXイヤフォン」の新色スカイブルーが登場します。春らしく躍動感あふれる新色は、今回のキャンペーンのメッセージを視覚的に表現しています。監督は、Georgia Hudson(ジョージア・ハドソン)が務め、曲はDAOKOの最新3rd アルバム『私的旅行』より「NICE TRIP」を起用しています。

キャンペーン動画「ワタシたちが、新色。」(60秒版):https://youtu.be/u3uQ0xD8PT8
キャンペーン動画「ワタシたちが、新色。」(30秒版):https://youtu.be/3XK9pqceCIE
「ワタシたちが、新色。」 メイキング映像:https://youtu.be/5G-RU7HTEJw

BeatsXについて
BeatsXは、非常に軽量でありながら安定性と適応性を備え、毎日一日中使用できるワイヤレス・イヤフォンです。Flex-Formケーブル仕様で、イヤーチップはあらゆる人に合うように複数のサイズが用意され、耳にしっかりとフィットします。iOSデバイスおよびAndroidデバイスとの互換性を備え、最大8時間の再生が可能です。Fast Fuel(急速充電)機能により、同梱(どうこん)のLightningケーブルを使用すれば、わずか5分の充電で2時間の再生が可能です。RemoteTalkコントロールにより、電話への応答、音楽の再生、Siriの起動が可能です。

Beats by Dr. Dreについて
Beats by Dr. Dre (Beats)は、Dr. DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオヴァイン)によって2006年に設立された、世界をリードするオーディオ・ブランドです。高品質なヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーなどのデバイスを通して、次世代のエンターテインメント性ある音楽をお届けしています。今後ともBeatsは、レコーディングスタジオで聴いているかのような、エネルギッシュで心揺さぶるサウンドを、世界中の音楽ファンの皆さまにご提供できるよう努めてまいります。Beatsは、2014年7月にAppleファミリーの一員となりました。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ