プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

オカムラのビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』が「KAIKA Awards 2018 特選紹介事例」に選出

2019年2月20日

株式会社オカムラ

オカムラのビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』が
「KAIKA Awards 2018 特選紹介事例」に選出

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)の「『はたらく』を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』刊行」が、一般社団法人日本能率協会が主催する「KAIKA Awards 2018」の「特選紹介事例」に選出されました。

「KAIKA Awards」は、一般社団法人日本能率協会が「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を同時に実現していくプロセスをKAIKAと定義し、この考えを広める活動の一環として組織風土や意識の改革、しくみづくりなどの活動に取り組んでいる事例を審査・顕彰するものです。

『WORK MILL with Forbes JAPAN』は、オフィス家具づくりを中心に、半世紀以上働く環境について考え提供してきたオカムラの「はたらく」を変えていく活動「WORK MILL」と、「Forbes JAPAN」がタッグを組み発行しているビジネス誌です。2017年9月より半年ごとに発行し、古今東西の働き方を探求し発信しています。
今回の「KAIKA Awards 2018」において、「『はたらく』を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』刊行」が、社会への影響やビジネスインパクト、社員の働き方改革との直接的な連動などを評価され、「特選紹介事例」に選出されました。

「KAIKA Awards 2018」授賞式は、2019年2月20日(水)に行われました。

―受賞概要―
主催:一般社団法人日本能率協会
受賞:KAIKA Awards 2018 特選紹介事例
対象:株式会社オカムラ「『はたらく』を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』刊行」
評価ポイント:社会への影響やビジネスインパクト、社員の働き方改革との直接的な連動など

―「KAIKA Awards」について―
一般社団法人日本能率協会が主催。実現していくプロセスをKAIKAと定義し、この考えを広める活動の一環として組織風土や意識の改革、しくみづくりなどの活動に取り組んでいる事例を審査・顕彰するものです。KAIKA事例を第三者の視点から審査・顕彰することで、部署・社内にとどまりがちなノウハウを顕在化させ、活動に取り組んでいる個人や組織にエールを送ることを目的としています。

□一般社団法人日本能率協会ウェブサイト「KAIKA Awards」表彰制度ページ
 https://kaikaproject.net/awards/

―「WORK MILL」概要―
オフィス家具づくりを中心に、半世紀以上働く環境について考え提供してきたオカムラの「はたらく」を変えていく活動「WORK MILL」。WEBマガジンやビジネス誌発行におけるリサーチやインタビュー、対談、共創空間の運営を通じて、「はたらく」に関する知見を蓄積し発信しています。

□「WORK MILL」ウェブサイト http://workmill.jp/

―『WORK MILL with Forbes JAPAN』概要―
「WORK MILL」が「Forbes JAPAN」とタッグを組み、「はたらく」を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』を発行し、古今東西の働き方を探求し発信します。

□『WORK MILL with Forbes JAPAN』 紹介ページ http://workmill.jp/magazine.html

「KAIKA Awards」ロゴ
『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 01』
『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 02』
『WORK MILL with Forbes JAPAN ISSUE 03』
「WORK MILL」ロゴ
「はたらく」を考えるビジネス誌『WORK MILL with Forbes JAPAN』ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ