プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

WalkMe株式会社

WalkMe社、ジャパン・クラウド・コンピューティングと提携しWalkMe株式会社を設立

2019年2月20日

WalkMe株式会社

デジタルアダプションプラットフォーム開発のWalkMe社、ジャパン・クラウド・コンピューティングと提携しWalkMe株式会社を設立

 世界初のデジタルアダプションプラットフォーム(DAP)「WalkMe」を開発する WalkMe社 (本社:米国カリフォルニア、共同創設者兼社長:ラフィアル・スウェアリ、「ウォークミー」)は本日、大手米国企業の日本進出を支援するベンチャーキャピタル、ジャパン・クラウド・コンピューティング株式会社(本社:東京都港区、CEO:アルナ・バスナヤケ、以下「ジャパン・クラウド」)との合弁企業として日本法人であるWalkMe株式会社の設立を発表いたします。今回の日本法人設立は、WalkMe社の著しい成長と、デジタルアダプション分野において世界を牽引する役割を象徴するものです。日本市場に向けたサービス提供を本格化させ、日本企業のデジタルトランスフォーメーションの成功を支援してまいります。

 WalkMe社は、世界の企業に対してユーザーアダプション促進とデジタルトランスフォーメーションの成功を実現し、欧州及びアジア市場において成長と拡大を続けてきました。現在サンフランシスコ、ニューヨーク、パリ、シドニーなどに支社を構え、さらに日本に事業を拡大することになりました。日本ではクラウドに対して意欲的なFortune2000に名を連ねる企業が、数多く事業を展開しています。ジャパン・クラウドの支援を受け、WalkMe株式会社は、日本市場向けにカスタマイズした最新のソリューションを提供します。

 WalkMe社のラフィアル・スウェアリ共同創設者兼社長は次のように述べています。
「日本法人の設立は、WalkMe社が日本市場を重点市場と捉えていることを示しています。今後、日本市場特有のニーズを満たすことができるようになります。多くの日本企業や多国籍企業に対するサービス提供を通して、各企業が持つ潜在力とデジタル資産の価値が十分に活用されるよう、支援できると期待しています」

 世界的なトップ企業の日本進出を長く支援してきたジャパン・クラウドのアルナ・バスナヤケCEOは次のように述べています。
「日本は、世界第2位の法人向けソフトウェア市場です。当社のミッションは、世界レベルのSaaS系企業の日本進出を実現することであり、デジタルアダプションプラットフォームのパイオニアであるWalkMe社と提携し、日本市場進出を支援できることを喜ばしく思います。日本市場のポテンシャルは非常に高く、WalkMeの技術が、日本企業のデジタルトランスフォーメーションを促進させる重要な手立てとなると信じています」

 WalkMe社は日本法人設立に先駆け、すでに日本市場において、住友商事を含めた大手企業数社に対してサービスを提供し始めています。デジタルトランスフォーメーション・ツールを導入して従業員のユーザーエクスペリエンスが変化し、エンゲージメントを高めることで、サービスを提供した企業の生産性向上と成長に貢献しています。

 住友商事人事厚生部 兼 グローバル人材マネジメント部 課長代理の山田 裕志氏 は次のように述べています。
 「WalkMeの製品には非常に満足しています。WalkMeソリューションをここ1年程使用して、弊社のSuccessFactorsシステムでの生産性が非常に向上しているのを実感しています。チームメンバーは、ユーザー向けトレーニングやマニュアル作成の負担が大幅に軽減されたことを非常に喜んでいます。」

■WalkMe社について
 WalkMe社は、近年のデジタル時代に対応するため、ユーザーエクスペリエンスに変革をもたらすデジタルアダプションプラットフォーム (DAP、デジタル技術の利用促進のためのプラットフォーム)の「WalkMe」を開発しました。WalkMeは人工知能(AI)やエンゲージメント、ガイダンス、オートメーションを活用したオーバーレイツールで、ユーザーはあらゆるソフトウェア、モバイルアプリケーション、ウェブサイトにおいて業務を容易に遂行し、生産性と効率性を向上できます。WalkMe社は2011年設立、世界約2000社(うち約30%はFortune 500に名を連ねる企業)で使用されています。詳しくは、www.walkme.co.jp をご覧ください。

■ジャパン・クラウド・コンピューティング株式会社について
 ジャパン・クラウド・コンピューティングは米国の大手ソフトウェア企業各社と合弁企業を設立し、日本市場での成功を支援しています。ジャパン・クラウドの創業者らは、セールスフォース、コンカー、マルケト、キリバ、デマンドウェアなどの日本進出を成功させ、日本オラクルの設立を手掛けた実績もあります。最近ではNew RelicやBlackLineとの合弁企業設立を発表しました。詳しくは japancloud.co.jp をご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ