プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

オカムラ「CSR Report 2018」が「第22回環境コミュニケーション大賞」にて「環境報告書部門 優良賞」を受賞

2019年2月18日

株式会社オカムラ

オカムラ「CSR Report 2018」が「第22回環境コミュニケーション大賞」にて
「環境報告書部門 優良賞」を受賞

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)が発行した「CSR Report 2018」が、環境省と一般財団法人 地球・人間環境フォーラムが主催する「第22回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門にて、優良賞(第 22 回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)を受賞しました。
「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書等の表彰を通じて、事業者等の環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、その質の向上を図ることを目的とした表彰制度です。

―「第22回環境コミュニケーション大賞」受賞概要―

名 称:「第22回環境コミュニケーション大賞」
主 催:環境省/一般財団法人 地球・人間環境フォーラム
受 賞:環境報告書部門 優良賞
(第 22 回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)
表彰式:2019年2月20日(水)13:30~ 品川プリンスホテルにて
審査結果と詳細については、環境省ホームページにて発表されています。
http://www.env.go.jp/press/106430.html

―オカムラ「CSR Report 2018」について―

株式会社オカムラは、オカムラグループ※のCSR(企業の社会的責任)に関する活動をより多くのステークホルダーの皆様にお伝えするため、「CSR Report 2018」を発行しました。(報告期間 2017年4月~2018年3月)

本レポート巻頭では、オカムラグループのCSR方針とSDGsへの貢献を示し、2017年度のトピックスを特集として掲載。各報告ページは、「オカムラグループのCSR方針」をもとに5つの章立てで構成し、同方針に基づく活動状況を分かりやすく報告しています。
※報告範囲は株式会社オカムラおよび主要関係会社計20社

■オカムラグループ CSR方針 7つの柱
オカムラグループはCSR方針として「コンプライアンスの推進」、「クオリティの追求」、「地球環境への取り組み」、「情報の開示」、「よりよい職場づくり」、「人権の尊重」、「社会との調和」の7つを柱に企業活動を行っています。

■SDGsへの貢献
オカムラグループは、持続可能な世界の実現に向け国連が定めた2030年までの国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標) に対して、その理念に共感し、事業活動と社会貢献活動を通じて、目標達成に貢献します。

■特集1. 社会のさまざまな課題解決に向けて、オカムラが取り組む「働き方改革」
■特集2. 次世代ロボットストレージシステム「オートストア」、ロボット倉庫が物流に革命をもたらす
■各報告ページ CSR経営/クオリティの追求/地球環境への取り組み/よりよい職場づくり/社会との調和

□株式会社オカムラ「CSR Report 2018」PDF版
A4判 102頁 カラー
こちらからご覧いただけます。(オカムラウェブサイトよりダウンロード)
http://www.okamura.co.jp/company/csr/

環境報告書部門優良賞ロゴ_オカムラCSRReport2018
第22回環境コミュニケーション大賞「環境報告書部門_優良賞」ロゴ
「オカムラCSRReport2018」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ