プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

堺市

サラ・ベルナールの世界展 ―ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに―

堺市

本展はサラ・ベルナールを大々的に紹介する日本初の巡回展。
群馬県立近代美術館や箱根ラリック美術館など全国で開催され、
またフランスのエタンプ市美術館所蔵や個人コレクションなど、
当館においては初展示となる作品も多数紹介されます。
サラ・ベルナールの芸術と栄光、
その社会的影響を写真、肖像画、ポスター、
そして、ミュシャ、ラリック、ロートレックなど
同時代の作品を通じて再発見し、その足跡をたどります。

 演劇・芸術・ファッションで人々を魅了していた大女優サラ・ベルナール(1840/1844-1923)。彼女は、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が一躍パリで売れっ子のデザイナーになるきっかけとなった人物です。サラはイメージ戦略の重要性に気づき、ポスターや写真などを積極的に利用して、自身のプロモーションに役立てました。また興行主としても活躍し、世界各国で公演を行って国際的な名声を博しました。
 この偉大な女優は当時の芸術界にも影響を与え、ルネ・ラリック(1860-1945)やアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1844-1901)もサラに関わる作品を残しています。またサラは、自ら執筆や彫刻を行うアーティストとしての才能を発揮しました。
 本展はサラ・ベルナールを大々的に紹介する日本初の巡回展です。サラ・ベルナールの芸術と栄光、その社会的影響を、写真、肖像画、ポスター、そして、ミュシャ、ラリック、ロートレックなど同時代の作品を通じて再発見し、その足跡をたどります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901081969-O8-8GVQp251
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901081969-O7-ibK3l8JZ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201901081969-O6-pI03oCjP

■開催期間
2018年11月23日(金・祝)〜2019年03月03日(日)
09:30〜17:15(入館は16:30まで)

■休館日
月曜日(休日の場合は開館)、 休日の翌日(1月15日、2月12日)

■会場
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F

■観覧料
一般500円(400円)、高校生・大学生300円(240円)、小学生・中学生100円(80円)
*( )は20人以上100人未満の団体料金
*小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と介助者、堺市にお住まいの65歳以上の方は無料

■主催
公益財団法人 堺市文化振興財団堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
読売新聞社、美術館連絡協議会

■後援
在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

■特別協力
フランス / エタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ、ダニエル・ラドゥイユ
日本 / 箱根ラリック美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、リボリアンティークス

■企画協力
株式会社燦京堂

■運営協力
「サラ・ベルナールの世界展」実行委員会

お問合せ
堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館
TEL:072-222-5533 FAX:072-222-6116

main
poster
メディア
ジスモンダ
蛇のブレスレットと指輪
ミュシャ館
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ