プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社タカラトミー

『平成』を代表する「プラレール」が集合!プラレール60周年企画展 3/9~京都鉄道博物館にて実施

2019年2月14日

株式会社タカラトミー

『平成』を代表するプラレールが大集合!

プラレール60周年企画展
「おかげさまで60年まるごとプラレール展」
2019年3月9日(土)~5月7日(火)
京都鉄道博物館・本館2階 企画展示室にて実施

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長: 小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、鉄道玩具「プラレール」が1959年の発売から今年で60周年を迎えたことを記念して、西日本旅客鉄道株式会社の京都鉄道博物館にてプラレール60周年企画展「おかげさまで60年まるごとプラレール展」を2019年3月9日(土)から5月7日(火)まで開催いたします。

 本企画展は、「プラレール」60年の歴史を鉄道の歴史とともに振り返る内容になっており、特に今年で終了する『平成』に発売された商品に焦点を当てています。
 1959年に発売された初代プラレールである「プラスチック汽車・レールセット」や1961年に発売された初電動走行車両「電動プラ汽車セット」などの初期のプラレールはもちろん、カメラを搭載した車両、本物のような“蒸気”が出る車両、手転がしで発電できる車両、スマホと連動できる車両など、『平成』の31年間で多様な進化を遂げたバリエーション豊かな「プラレール」を展示いたします。展示されるプラレールの数は『昭和』・『平成』と合わせて、全部で約50点です。
 歴代「プラレール」展示の他にも、本企画展には歌・ダンス・車両などの映像が流れるシアターブースや、「プラレール」の楽しい世界に入り込める大型ジオラマ(W約7200㎜×D約1800㎜)などが登場します。大型ジオラマ内には、「プラレール」のレールと橋脚で作られた最高約2mの“プラレールタワー”が設置され、タワー内を様々な車両が走り回る、大迫力の光景をお楽しみいただけます。

 また、3月23日(土)からは、京都鉄道博物館内のSLスチーム号のりばに、オリジナルヘッドマークをつけた本物のSL「プラレール60周年SLスチーム号」も登場します。初日の3月23日(土)には、巨大な「青いレール」が線路の一部に敷かれる走行開幕式を実施いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催期間】
2019年3月9日(土)~5月7日(火)

【開催場所】
京都鉄道博物館 本館2階 企画展示室

【主な展示内容】
歴代プラレール、シアターブース、フォトスポット、新商品

【入場料】
「京都鉄道博物館」入場料に含まれます

★京都鉄道博物館公式サイト 
www.kyotorailwaymuseum.jp/

★プラレール公式サイト 
www.takaratomy.co.jp/products/plarail/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

展示される「プラレール」の例

<初期のプラレール>
●「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)…プラレールの原型。電動走行はせず、手転がしで遊ぶ玩具だった
●「電動プラ汽車セット」(1961年)…プラレール初の電動走行車両

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902133144-O1-r4HRh6EJ

<平成に登場した進化版プラレール>
●「ぼくが運転する スーパーひかり号」(1989年)…車両を遠隔操作できるマスコンつきのセット
●「音声指令つばさ号」(1995年)…“ボイスコントロール”ができる車両
●「TVで遊ぼう!ぼくはプラレール運転士」(2000年)…テレビで映像を見ながら操作できる、初のカメラ搭載車両
●「サウンド・スチームD51 498号機」(2006年)…本物のような蒸気の出る車両
●「テコロジープラレール」(2011年)…手で転がすと発電され、電池無しでもライトが光る車両
●「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」(2016年)…搭載した2台のカメラがスマホと連動し、操作できる

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902133144-O4-7wMl8RRW

<ちょっと変わったプラレール>
●「ひかり号モノレールセット」(1975年)…ひかり号とモノレールが連動して走行するセット
●「ブリキのプラレール」(2000年)…ブリキ製のプラレール車両
●「古代エジプト冒険セット」(2001年)…タイムトラベルがテーマのセット。オリジナル車両や情景の他、パズルのレールも付属

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902133144-O3-v3tn7sC7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【プラレールとは】
 「プラレール」(発売元:株式会社タカラトミー) は、2019年に発売60周年を迎えたロングセラーの鉄道玩具で、3世代にわたって愛されているブランドです。
 「プラレール」の原型は、金属や木の玩具が主流であった1959年に、当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「プラスチック汽車・レールセット」です。
 象徴的な青いレールは、当時家族が団らんの時を過ごした「ちゃぶ台」の上で遊べるサイズで設計されました。この規格は60年経った今でも変わっておらず、当時のレールと最新のレールを繋げて遊ぶこともできます。
今後も、身近であり憧れでもある“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力等の子どもたちの成長を促し、また親子のコミュニケーションを育むブランドとして展開していきます。日本国内ではこれまでに、累計約1,480種類、1億6,900万個以上を販売しています(2019年1月末現在)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メインビジュアル
プラレールの原型「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)
「電動プラ汽車セット」(1961年)
「ぼくが運転する スーパーひかり号」(1989年)
「音声指令つばさ号」(1995年)
「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」(2016年)
「ひかり号モノレールセット」(1975年)
「古代エジプト冒険セット」(2001年)
展示イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ